第 1回「手紙の役割・言葉の魅力」

 現代社会では、相手との交流手段もさまざまで、携帯電話にメール、あるいはテレビ電話といったものまで、その手段に事欠くことがありません。メールは瞬時に届き、データなどもいっしょに送ることができる、電話もすぐに相手の声が聞けるという点でそれぞれ便利なものです。しかし、メールでは何か物足りない、もうひとつ伝えたいことがうまく伝わりにくいと感じる方も多いようです。
手紙をもらって嫌だと感じる人はほとんどないでしょう。大切な場面でこそ、手紙が効力を発揮することもあるものです。
 手紙にはある程度形式があり、この形式が厄介だと感じる方もあるようですが、これがあるからこそ書きやすく、わかりやすいといった良さもあります。
 一年のスタートとなるこの季節は、挨拶状や依頼状なども多いかと存じますが、実際の2つの文例を挙げて、その違いを比べてみましょう。

「春の講演会の依頼の手紙」(日時を尋ねる)
■文例1
拝啓 春の花々の咲き競う季節となりました。
 このたびはお忙しい中にもかかわらず、お引き受けくださいまして、
ありがとうございました。
 サークル会のメンバーに、先生がご快諾くださいました旨、
早速話をいたしましたら、皆、たいへんな喜びようでございました。
 ご厚意にあらためて御礼申し上げます。
 さて、日時につきましては、次の通りでございます。
どうぞよろしくお願い申し上げます。
 まずは御礼と日時のご連絡にて、失礼いたします。    敬具
         記
日時 5月、6月の土曜か日曜日 午後1時から
   または金曜日の午後5時から
このような日程、時間帯で予定しております。
また、この手紙がお手元に届きましたころに、お電話にてご都合を伺わせて
いただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。
■文例2
拝啓 春の花々の咲き競う季節となりましたが、ほんとうにありがとうございました。お忙しい中にもかかわらず、お引き受けくださいまして、サークル会のメンバーも、みんな楽しみなようでございます。心より御礼申し上げます。日時は5月か6月ごろの土曜か日曜で午後1時ぐらいから。または金曜日でも大丈夫ですが、金曜日は平日はみな勤めに出ておりますので、夕方5時ぐらいからでも。先生のご都合を優先いたしますので、ご都合をお知らせください。
どうぞよろしくお願い申し上げます。            敬具

文例1と2を比べた場合、どうでしょうか?
書かれている中身は同じでも、文例1のほうがわかりやすく、丁寧さも増して感じられます。2つの違いをわかりやすくするために、文例2はやや誇張した点もありますが、実際にこのような書き方の手紙を多く見かけるのもたしかです。では、文例2には、実際にどのような問題があるのか見てみましょう。

文例2の問題点

・話の変わる部分での改行もなく、全体に読みづらい感じがある。

・手紙の挨拶の文章の中に、日時も続けて記してしまっているため、内容がわかりにくい。

・「5,6月ごろ」「1時ぐらい」と時間帯もはっきりしない。

・「平日は勤めに出ているから」「都合を優先」などの表現は、自分本意に聞こえてしまったり、配慮不足な感じを与えてしまったりすることもある。

その点、文例1は、日時などの尋ねたい事柄を「記」として別記していますから、一目でわかりやすく、文章もすっきりして見えます。また、別記部分だけでなく、「このたびは」「さて」などの言葉で始めることにより、話の内容が変わったり、次の用件に入ったりするということがすぐにわかります。ある程度形式にそって話を組み立てて記すことが、「わかりやすさ」「読みやすさ」につながっているのです。
 そしてもうひとつは、「この手紙がお手元に届きましたころに、お電話にてご都合を伺わせていただきます」のような、ちょっとした配慮です。何かを尋ねられたような場合、こちらから電話をしたほうがいいのか、あるいは相手からかかってくるのか迷うことも多いものです。
 このように、読む人の気持ちになって書くというのも、手紙の中での大切な心くばりといえるでしょう。

桜
第 1回「手紙の役割・言葉の魅力」
井上明美プロフィール
トップページへ
▽コラム
はじめに
第 1回「手紙の役割・言葉の魅力」 (2011/04/18)
第 2回「浅い」と「深い」 (2011/04/25)
第 3回「つまらないもの」とは 1 (2011/05/23)
第 4回「つまらないもの」とは 2 (2011/05/31)
第 5回「するめ」と「あたりめ」 (2011/06/21)
第 6回「暑中お見舞い申し上げます」 (2011/07/04)
第 7回「お中元」は何月何日? (2011/07/14)
第 8回「賞味」と「笑味」 (2011/08/04)
第 9回「お休みをいただく」 (2011/08/30)
第10回「させていただきます」 1 (2011/09/20)
第11回「させていただきます」 2 (2011/09/30)
第12回「ご記入してください」をご確認ください (2011/10/14)
第13回 お名前・御芳名…「返信はがき」のマナー (2011/10/31)
第14回「被災地への年賀状は?」 (2011/11/15)
第15回 お歳暮のお礼状(次回から贈り物を辞退したいとき) (2011/12/07)
第16回「殿」と「様」は どちらが偉い? (2011/12/21)
第17回「ございます」と「いらっしゃいます」1 (2012/01/16)
第18回「ございます」と「いらっしゃいます」2 (2012/01/31)
第19回 気になる「お」とは (2012/02/15)
第20回「こだわり」の数々 (2012/02/29)
第21回「おうわさは伺っております」 (2012/03/15)
第22回「鈴木様はおられますか?」は誤用? (2012/03/30)
第23回 新緑の季節の通知・招待状 (2012/05/23)
第24回「利用」できるもの・できないもの (2012/06/29)
第25回「鈴木氏ら」にご賛同いただきました? (2012/07/31)
第26回「良薬はお口に苦し」「お膝が笑う」? (2012/08/31)
第27回 意味の似た言葉・響きの似た言葉 (2012/09/28)
第28回「祝電が参っております」 (2012/10/26)
第29回「部長、そろそろ参りましょうか?」は○?×? (2012/11/30)
第30回「ご出席されますか?」は正しい? (2012/12/28)
第31回「いただく」と「くださる」 (2013/01/31)
第32回「感動を与える」 (2013/02/28)
第33回「~してあげる」はだれからだれへ? (2013/03/31)
第34回 歌舞伎にまつわる言葉のいろいろ (2013/04/30)
第35回 「部長にご報告いたします」と「部長に報告いたします」 (2013/05/31)
第36回 「前線が通過いたします」はだれへの敬語? (2013/06/30)
第37回 「ご説明させていただく」は誤用? (2013/07/31)
第38回 「省略しても良いもの、悪いもの」 (2013/08/31)
第39回「お召しやすいコートとは?」 (2013/09/30)
第40回 「先生が案内していただきまして」? (2013/10/31)
第41回 最近よく耳にする「なので~」の使い方 (2013/11/29)
第42回 身近な「女房詞<ことば>」 (2013/12/27)