第 2回「浅い」と「深い」

 春の季節を歌った歌というのもたくさんありますが、春のはじめ、初春を歌った日本の歌曲に『早春賦』(吉丸一昌作詞、中田章作曲)がありますね。
 国語学者、故金田一春彦先生の著書の中にも、「春は名のみの風の寒さや」で始まるこの『早春賦(そうしゅんふ)』の歌詞は、春のはじめの微妙な季節感をうまくとらえている表現とあります。
 春とは名ばかりで、肌にあたる風もまだ冷たく寒く感じるというような、春のはじめのころの感じを歌っているのでしょう。
 このように季節の初めごろと、その盛りや終わりごろを表す言葉もさまざまですが、よく使われる表現に「春浅し」や「秋深し」といった「浅い」「深い」の付く言葉があり、俳句の季語としてもよく用いられるようです。

■春の例
病牀の匂い袋や浅き春             正岡子規
玉籬(たまがき)や玉のすだれの春深き     小林一茶

■冬の例
冬浅き月にむかひて立ちし影          久保田万太郎
冬深き井戸のけむりよ朝まだき         室生犀星

 春、冬以外にも、季語にはほかに「夏浅し」「夏深し」「秋浅し」「秋深し」もあります。
 しかし、私たちが日常手紙の書き出しに用いる時候の挨拶言葉はどうかと考えますと、「春まだ浅く、吹く風も冷たく感じられる毎日です」や「すだく虫の音にも秋の深まりを感じます」などのように、「浅い」に関しては「春」に、「深い」に関しては「秋」に使うことがほとんどではないでしょうか。
 季語にはあり俳句では用いられても、手紙の時候の挨拶では見かけないというのも興味深いですね。
 そのように考えますと、この「浅春の候」「深秋のみぎり」などの「浅い」「深い」のほかにも、その季節の初めのころを指す「初」は、初春、初夏、初秋、初冬と、春夏秋冬すべてに用いられ、季節の終わりごろを指す「晩」も、晩春、晩夏、晩秋、晩冬と同じくすべての季節に使います。しかし、「お見舞い」に関してはどうかと言いますと、夏は「残暑見舞い」と、冬は「余寒見舞い」というように、「晩夏」「晩冬」に代えて「残暑」「余寒」を使うのも、また季節感をよく表していて、おもしろいものですね。

第 2回「浅い」と「深い」
井上明美プロフィール
トップページへ
▽コラム
はじめに
第 1回「手紙の役割・言葉の魅力」 (2011/04/18)
第 2回「浅い」と「深い」 (2011/04/25)
第 3回「つまらないもの」とは 1 (2011/05/23)
第 4回「つまらないもの」とは 2 (2011/05/31)
第 5回「するめ」と「あたりめ」 (2011/06/21)
第 6回「暑中お見舞い申し上げます」 (2011/07/04)
第 7回「お中元」は何月何日? (2011/07/14)
第 8回「賞味」と「笑味」 (2011/08/04)
第 9回「お休みをいただく」 (2011/08/30)
第10回「させていただきます」 1 (2011/09/20)
第11回「させていただきます」 2 (2011/09/30)
第12回「ご記入してください」をご確認ください (2011/10/14)
第13回 お名前・御芳名…「返信はがき」のマナー (2011/10/31)
第14回「被災地への年賀状は?」 (2011/11/15)
第15回 お歳暮のお礼状(次回から贈り物を辞退したいとき) (2011/12/07)
第16回「殿」と「様」は どちらが偉い? (2011/12/21)
第17回「ございます」と「いらっしゃいます」1 (2012/01/16)
第18回「ございます」と「いらっしゃいます」2 (2012/01/31)
第19回 気になる「お」とは (2012/02/15)
第20回「こだわり」の数々 (2012/02/29)
第21回「おうわさは伺っております」 (2012/03/15)
第22回「鈴木様はおられますか?」は誤用? (2012/03/30)
第23回 新緑の季節の通知・招待状 (2012/05/23)
第24回「利用」できるもの・できないもの (2012/06/29)
第25回「鈴木氏ら」にご賛同いただきました? (2012/07/31)
第26回「良薬はお口に苦し」「お膝が笑う」? (2012/08/31)
第27回 意味の似た言葉・響きの似た言葉 (2012/09/28)
第28回「祝電が参っております」 (2012/10/26)
第29回「部長、そろそろ参りましょうか?」は○?×? (2012/11/30)
第30回「ご出席されますか?」は正しい? (2012/12/28)
第31回「いただく」と「くださる」 (2013/01/31)
第32回「感動を与える」 (2013/02/28)
第33回「~してあげる」はだれからだれへ? (2013/03/31)
第34回 歌舞伎にまつわる言葉のいろいろ (2013/04/30)
第35回 「部長にご報告いたします」と「部長に報告いたします」 (2013/05/31)
第36回 「前線が通過いたします」はだれへの敬語? (2013/06/30)
第37回 「ご説明させていただく」は誤用? (2013/07/31)
第38回 「省略しても良いもの、悪いもの」 (2013/08/31)
第39回「お召しやすいコートとは?」 (2013/09/30)
第40回 「先生が案内していただきまして」? (2013/10/31)
第41回 最近よく耳にする「なので~」の使い方 (2013/11/29)
第42回 身近な「女房詞<ことば>」 (2013/12/27)