第 3回「つまらないもの」とは 1

 5月の第2日曜日は母の日でしたね。日頃の感謝の気持ちを込めて、お母さんにプレゼントを贈った方も多いのではないでしょうか。
 ところで、皆さんは、人に贈り物や手土産などを渡すときに、どんな言葉を使いますか?
「よろしければ召し上がってください」「きっとお似合いになるかと思いまして」などのほか、「つまらないものですが、お気に召していただければ…」などと言うことはないでしょうか。
 この「つまらないものですが」という言い方について、先日講義の場でこんな質問を受けました。
「人に物を贈る際に『つまらないものですが』と言うのは間違った言葉遣いだと聞いたのですが、誤用なのでしょうか」という内容でした。つまり「なぜ、わざわざつまらないものを贈るのか」というわけです。確かに「つまらないもの」という部分だけをとらえますと、疑問に思う人や、また外国人には誤解を受けるという話はよく聞きます。しかし、この表現の意味は、決して「何の良いところもないくだらないものをあなたに贈る」という意味ではありませんね。
 似た表現として「何もございませんが」などもよく用いられる言葉です。この言葉については、『日本人の言語表現』(金田一春彦著)の中に次のように書かれています。「『何もございませんが召し上がってください』も、理屈を言うと、何もないものがどうして食べられるかということになるが『賞味していただけるようなものは』という意味が省かれたのだ」とあります。
 このように考えますと、「何もございませんが」は、「(あなたに賞美いただけるようなものは)何もございませんが」という意で、それと同様に「つまらないものですが」も「(あなたがふだん召し上がっていらっしゃるような、あるいは身に着けていらっしゃるようなものに比べたら)つまらないものですが…」というように、(  )の部分を省略しているような気持ちで私たちは用いていると考えられます。
 自分のことを偉そうに自慢したりせず、自分側のものは低める、控えめに表現するという謙遜の心理が働いているという点で、この「つまらないものですが」は、謙譲語の仲間であり、敬語的な表現のひとつと言ってもいいのではないでしょうか。

第 3回「つまらないもの」とは 1
井上明美プロフィール
トップページへ
▽コラム
はじめに
第 1回「手紙の役割・言葉の魅力」 (2011/04/18)
第 2回「浅い」と「深い」 (2011/04/25)
第 3回「つまらないもの」とは 1 (2011/05/23)
第 4回「つまらないもの」とは 2 (2011/05/31)
第 5回「するめ」と「あたりめ」 (2011/06/21)
第 6回「暑中お見舞い申し上げます」 (2011/07/04)
第 7回「お中元」は何月何日? (2011/07/14)
第 8回「賞味」と「笑味」 (2011/08/04)
第 9回「お休みをいただく」 (2011/08/30)
第10回「させていただきます」 1 (2011/09/20)
第11回「させていただきます」 2 (2011/09/30)
第12回「ご記入してください」をご確認ください (2011/10/14)
第13回 お名前・御芳名…「返信はがき」のマナー (2011/10/31)
第14回「被災地への年賀状は?」 (2011/11/15)
第15回 お歳暮のお礼状(次回から贈り物を辞退したいとき) (2011/12/07)
第16回「殿」と「様」は どちらが偉い? (2011/12/21)
第17回「ございます」と「いらっしゃいます」1 (2012/01/16)
第18回「ございます」と「いらっしゃいます」2 (2012/01/31)
第19回 気になる「お」とは (2012/02/15)
第20回「こだわり」の数々 (2012/02/29)
第21回「おうわさは伺っております」 (2012/03/15)
第22回「鈴木様はおられますか?」は誤用? (2012/03/30)
第23回 新緑の季節の通知・招待状 (2012/05/23)
第24回「利用」できるもの・できないもの (2012/06/29)
第25回「鈴木氏ら」にご賛同いただきました? (2012/07/31)
第26回「良薬はお口に苦し」「お膝が笑う」? (2012/08/31)
第27回 意味の似た言葉・響きの似た言葉 (2012/09/28)
第28回「祝電が参っております」 (2012/10/26)
第29回「部長、そろそろ参りましょうか?」は○?×? (2012/11/30)
第30回「ご出席されますか?」は正しい? (2012/12/28)
第31回「いただく」と「くださる」 (2013/01/31)
第32回「感動を与える」 (2013/02/28)
第33回「~してあげる」はだれからだれへ? (2013/03/31)
第34回 歌舞伎にまつわる言葉のいろいろ (2013/04/30)
第35回 「部長にご報告いたします」と「部長に報告いたします」 (2013/05/31)
第36回 「前線が通過いたします」はだれへの敬語? (2013/06/30)
第37回 「ご説明させていただく」は誤用? (2013/07/31)
第38回 「省略しても良いもの、悪いもの」 (2013/08/31)
第39回「お召しやすいコートとは?」 (2013/09/30)
第40回 「先生が案内していただきまして」? (2013/10/31)
第41回 最近よく耳にする「なので~」の使い方 (2013/11/29)
第42回 身近な「女房詞<ことば>」 (2013/12/27)