第 4回「つまらないもの」とは 2

 前回、人に贈り物をするときに用いられる表現のひとつである「つまらないものですが」について触れましたが、英語では、This is for you.(あなたへのプレゼントです)とか、I hope you’ll like it.(喜んでいただけると嬉しいです)などの表現が一般的であると聞きます。
「喜んでもらえると嬉しい」という意味合いの表現は、日本語でも使うことがありますね。たとえば、「お嬢さんは本がお好きと伺ったので、喜んでいただけると嬉しいのですが…」「旅先で試食をしたら美味しかったので、ぜひ召し上がっていただきたくて…」などの表現です。また、親しい友人、知人相手であれば、「これ美味しいのよ、どうぞ召し上がって」「きっとお似合いになると思って、どうぞ使ってみて」のように、親しみをこめてやや積極的に勧めることもあるでしょう。最近はこのような表現もしばしば耳にするようにはなりましたが、もともと日本語では、先の「つまらないものですが」に見られるように、自分側を低める、ひかえめに表現するような言い方が好まれる傾向にあるようです。
 初対面の相手などに、「これは極めて高価なものでして、ぜひあなたに喜んでいただきたくて」と勧めては、押しつけがましい感じがして言われた側もいささか戸惑うでしょう。たとえ高価な良い品であっても、あまり自慢しすぎず、ひかえめに表現するのが礼儀であるという心理が働くようです。
 また、ひかえめな表現と並んで、もうひとつよく用いられるのは、相手があまり負担に感じることのないようにという気くばりの表現です。
「たしか以前バレエがお好きと伺いましたので、いただいたチケットですが、よろしければ…」「こちらに伺う途中で、店先にきれいなお花が並んでいたものですから…」のように、手間を掛けずに入手したことをさりげなくひと言添えることがあります。これも、相手が心配したり負担に思うことのないようにという配慮の表れと言えるでしょう。
 それ以外にも「おくればせながら、お節句のお祝いにと思って。気持ちばかりだけど…」「お母様が怪我で入院なさったと伺いましたが、ご心配ですね。これは気持ちばかりですが…」などのような、「気持ちばかりですが…」という表現も、時と場合を選ばずさまざまな場面で用いられますね。
 ほかにもこのような贈答や物を勧める場面でよく使われる言葉がありますので、次に挙げてみましょう。
—————————————————————
〈食べ物を贈る、勧めるとき〉
■「お口に合うとよろしいのですが…」
  (相手の味覚に合う、美味しいと思ってもらえたらの意)
■「お口汚しですが、どうぞ召し上がってください」
  (口を汚すほどの物でしかありませんがの意)

〈いただき物を勧めるとき〉
■「お持たせで恐縮ですが…」
  (「お持たせもの」の略。
   お客様が持って来たお菓子などをその場で勧める場合などに用いる)

〈特に目上の人に対して〉
■「お眼鏡にかないましたら…」
  (「お眼鏡」は相手の鑑識、判定、目利きの意。
   「お眼鏡にかなう」の形で、目上の人に気に入られる意)

〈品物全般に対して〉
■「お気に召しますかどうか…」
  (「お気に召す」=「気に入る」の尊敬語)

〈品物全般や熨斗(のし)の上書きなどに〉
■「粗品」
  (「粗品進呈」などのように人に贈る品物をへりくだって言う)

〈主に手紙で使う表現〉
■「ご笑納ください」
  (粗末な品なので、笑ってお納め下さいの意)
 「ご笑覧いただけましたら幸いです」
  (拙い内容なので、笑ってご覧いただければありがたいの意)
 「ご笑味ください」
  (粗末な食べ物なので、笑って召し上がってくださいの意)
—————————————————————
 このように、物を贈ったり勧めたりする際に使われる言葉も案外多いものですね。やや慣習的な決まり文句と感じたり、受け取り方の個人差もあるかもしれませんが、これらの表現は、会話をする際の潤滑油でもあり、何より相手に対する気くばりの表れと感じます。相手との関係や用途など、場面に合わせてより適切な言葉を使い分けることは「贈り物の心くばり」であると言えるでしょう。

第 4回「つまらないもの」とは 2
井上明美プロフィール
トップページへ
▽コラム
はじめに
第 1回「手紙の役割・言葉の魅力」 (2011/04/18)
第 2回「浅い」と「深い」 (2011/04/25)
第 3回「つまらないもの」とは 1 (2011/05/23)
第 4回「つまらないもの」とは 2 (2011/05/31)
第 5回「するめ」と「あたりめ」 (2011/06/21)
第 6回「暑中お見舞い申し上げます」 (2011/07/04)
第 7回「お中元」は何月何日? (2011/07/14)
第 8回「賞味」と「笑味」 (2011/08/04)
第 9回「お休みをいただく」 (2011/08/30)
第10回「させていただきます」 1 (2011/09/20)
第11回「させていただきます」 2 (2011/09/30)
第12回「ご記入してください」をご確認ください (2011/10/14)
第13回 お名前・御芳名…「返信はがき」のマナー (2011/10/31)
第14回「被災地への年賀状は?」 (2011/11/15)
第15回 お歳暮のお礼状(次回から贈り物を辞退したいとき) (2011/12/07)
第16回「殿」と「様」は どちらが偉い? (2011/12/21)
第17回「ございます」と「いらっしゃいます」1 (2012/01/16)
第18回「ございます」と「いらっしゃいます」2 (2012/01/31)
第19回 気になる「お」とは (2012/02/15)
第20回「こだわり」の数々 (2012/02/29)
第21回「おうわさは伺っております」 (2012/03/15)
第22回「鈴木様はおられますか?」は誤用? (2012/03/30)
第23回 新緑の季節の通知・招待状 (2012/05/23)
第24回「利用」できるもの・できないもの (2012/06/29)
第25回「鈴木氏ら」にご賛同いただきました? (2012/07/31)
第26回「良薬はお口に苦し」「お膝が笑う」? (2012/08/31)
第27回 意味の似た言葉・響きの似た言葉 (2012/09/28)
第28回「祝電が参っております」 (2012/10/26)
第29回「部長、そろそろ参りましょうか?」は○?×? (2012/11/30)
第30回「ご出席されますか?」は正しい? (2012/12/28)
第31回「いただく」と「くださる」 (2013/01/31)
第32回「感動を与える」 (2013/02/28)
第33回「~してあげる」はだれからだれへ? (2013/03/31)
第34回 歌舞伎にまつわる言葉のいろいろ (2013/04/30)
第35回 「部長にご報告いたします」と「部長に報告いたします」 (2013/05/31)
第36回 「前線が通過いたします」はだれへの敬語? (2013/06/30)
第37回 「ご説明させていただく」は誤用? (2013/07/31)
第38回 「省略しても良いもの、悪いもの」 (2013/08/31)
第39回「お召しやすいコートとは?」 (2013/09/30)
第40回 「先生が案内していただきまして」? (2013/10/31)
第41回 最近よく耳にする「なので~」の使い方 (2013/11/29)
第42回 身近な「女房詞<ことば>」 (2013/12/27)