第 5回「するめ」と「あたりめ」

 6月といえば、「ジューンブライド」。ローマ神話で結婚の女神Junoの月とされ、この月に結婚する女性は幸せになるという言い伝えがあるとか。日本はちょうど梅雨の季節に当たりますが、「ジューンブライド」にあやかって結婚式を挙げるカップルも多いそうです。ところで、この結婚式の場で使ってはいけない言葉があるというのはよく言われることですが、いったいどんな言葉があるのでしょうか。
 以前、親戚の結婚式に出席したとき、控え室で本番前のリハーサルのようなことが行われ、その場に立ち会ったことがありました。式の流れについて一通りの確認が済み、新婦が別室に移動する際、式場の係員が新婦に対して、「こちらの控え室はもうお使いになりませんので、お荷物はすべてお持ちください」と言うのを耳にしました。普通ならば「こちらの控え室にはもうお戻りになりませんので」とでも言うはずのところを「使わない」と表現したのはなぜかな?と思い、これは「戻る」という言葉を避けて別の言葉を使ったのだと気付きました。「戻る」は、花嫁が婚家から実家に戻ること(離縁)を連想させるためなのでしょう。ほかにも披露宴で司会者が、「冷めないうちに」と言わず「温かいうちにお召し上がりください」と言ったり、「終わる」「閉じる(閉会する)」を使わず「これにてお開きにさせていただきます」と言ったりすることがありますが、これも「戻る」に同じく、新郎新婦の縁が切れてしまうことを連想させるため、ほかの言葉に言い換えられている例ですね。
 このように、お祝いやお悔やみの場面など、ある特別の場で避けられる言葉のことを「忌み言葉」と言います。百科事典で調べると、「忌み言葉」とは、「災いの降りかかるのを恐れて口にしないことば。また、その避けていわないことばのかわりとして用いることば」(小学館『日本大百科全書』)とあります。古くは奈良時代の文献などにも記録が残っており、そのいわれは、日本で信じられてきた「言霊(ことだま)」思想に源があるとのこと。「言霊」とは、言葉に宿る神秘的な力や霊力という意味で、縁起のよい言葉は幸せを呼び、逆に不吉な事柄を意味する言葉は不幸を呼ぶと考えられてきました。そのため、不吉であったり縁起が良くなかったりする言葉は口にしないよう避けるという風習が広まったといわれています。
 結婚式などの慶事だけでなく弔事の場にも忌み言葉があります。各場面での代表的な例を次に挙げてみましょう。
—————————————————————
■結婚式
〈別れを連想させる言葉〉
 別れる、離れる、終わる、壊れる、破れる、飽きる、切れる、出る、去る、
 帰る、戻る、割れる、冷える など
〈重ね言葉〉
 重ね重ね、返す返す、再び、重々、再度、再三、再三再四 など

■新築祝い
〈火事を連想させる言葉〉
 火、煙、赤、焼ける、燃える など
〈その他〉
 倒れる、壊れる、潰れる、流れる、傾く など

■懐妊・出産祝い
〈流産などを連想させる言葉〉
 流れる、落ちる、失う、消える、枯れる、敗れる など

■葬儀・災害見舞い
〈不幸が繰り返すことを連想させる言葉〉
 たびたび、重ね重ね、再び、再度、再三再四、返す返すも など
〈悪いことを連想させる言葉〉
 とんだこと、とんでもない など
〈言葉の音の響きがよくない言葉〉
 四(死)、九(苦)など
〈直接的に死を表す言葉〉
 死ぬ、死亡(→逝去、他界、永眠、旅立つ などほかの言葉に言い換えます)
—————————————————————
 その他、日常生活でも、悪い意味に通じたり、悪いことを連想させたりするのを嫌って、ほかの言葉に言い換える例が見られます。たとえば、「する」がすり減らす、なくすに通じることを嫌って、「するめ」を「あたりめ」というような例です。やや俗っぽい感じもありますが、市販のおつまみの袋などにも「あたりめ」と書いてあったりするのをよく見かけます。ほかにも、「すり鉢」→「あたり鉢」、「すりこぎ」→「あたり棒」、「墨をする」→「墨をあたる」、「すずり箱」→「あたり箱」、「髭(ひげ)をする」→「髭をあたる」などの例もあるようです。「あたり鉢」など、最近、家庭ではあまり聞かれなくなった言葉もありますが、飲食業などを営む場などでは今も使われることがあると聞きます。
 現代では、忌み言葉をあまり気にしないという人もあるようですが、その一方で、やはり言葉の力というものを信じ、縁起が悪いのはできるだけ避けたいと考える人もあります。感じ方には個人差があり、とらわれすぎたり、押しつけたりするというものではないと思いますが、「忌み言葉」のいわれや意味について理解する姿勢は必要でしょう。それと同時に、相手の気分を害することのないように、気持ちを慮(おもんぱか)って言葉を選ぶという心は大切にしたいものですね。

第 5回「するめ」と「あたりめ」
井上明美プロフィール
トップページへ
▽コラム
はじめに
第 1回「手紙の役割・言葉の魅力」 (2011/04/18)
第 2回「浅い」と「深い」 (2011/04/25)
第 3回「つまらないもの」とは 1 (2011/05/23)
第 4回「つまらないもの」とは 2 (2011/05/31)
第 5回「するめ」と「あたりめ」 (2011/06/21)
第 6回「暑中お見舞い申し上げます」 (2011/07/04)
第 7回「お中元」は何月何日? (2011/07/14)
第 8回「賞味」と「笑味」 (2011/08/04)
第 9回「お休みをいただく」 (2011/08/30)
第10回「させていただきます」 1 (2011/09/20)
第11回「させていただきます」 2 (2011/09/30)
第12回「ご記入してください」をご確認ください (2011/10/14)
第13回 お名前・御芳名…「返信はがき」のマナー (2011/10/31)
第14回「被災地への年賀状は?」 (2011/11/15)
第15回 お歳暮のお礼状(次回から贈り物を辞退したいとき) (2011/12/07)
第16回「殿」と「様」は どちらが偉い? (2011/12/21)
第17回「ございます」と「いらっしゃいます」1 (2012/01/16)
第18回「ございます」と「いらっしゃいます」2 (2012/01/31)
第19回 気になる「お」とは (2012/02/15)
第20回「こだわり」の数々 (2012/02/29)
第21回「おうわさは伺っております」 (2012/03/15)
第22回「鈴木様はおられますか?」は誤用? (2012/03/30)
第23回 新緑の季節の通知・招待状 (2012/05/23)
第24回「利用」できるもの・できないもの (2012/06/29)
第25回「鈴木氏ら」にご賛同いただきました? (2012/07/31)
第26回「良薬はお口に苦し」「お膝が笑う」? (2012/08/31)
第27回 意味の似た言葉・響きの似た言葉 (2012/09/28)
第28回「祝電が参っております」 (2012/10/26)
第29回「部長、そろそろ参りましょうか?」は○?×? (2012/11/30)
第30回「ご出席されますか?」は正しい? (2012/12/28)
第31回「いただく」と「くださる」 (2013/01/31)
第32回「感動を与える」 (2013/02/28)
第33回「~してあげる」はだれからだれへ? (2013/03/31)
第34回 歌舞伎にまつわる言葉のいろいろ (2013/04/30)
第35回 「部長にご報告いたします」と「部長に報告いたします」 (2013/05/31)
第36回 「前線が通過いたします」はだれへの敬語? (2013/06/30)
第37回 「ご説明させていただく」は誤用? (2013/07/31)
第38回 「省略しても良いもの、悪いもの」 (2013/08/31)
第39回「お召しやすいコートとは?」 (2013/09/30)
第40回 「先生が案内していただきまして」? (2013/10/31)
第41回 最近よく耳にする「なので~」の使い方 (2013/11/29)
第42回 身近な「女房詞<ことば>」 (2013/12/27)