第10回「させていただきます」 1

 最近、ある政治家が記者会見の場で次のような発言をしているのを耳にしました。

 「大臣を辞任したいという申し出をさせていただき、総理のほうから受理をしていただいたところでございます」

 この中で使われている「(さ)せていただく」という表現は以前からしばしば問題にされています。問題視される理由はさまざまあるようですが、「(さ)せていただく」が昨今あまりにも過剰に使われているという状況にも原因があるものと思われます。実際にどのように使われているのか、例を挙げてみましょう。

   「今回の展示で特に力を入れさせていただきましたのは」
   「昨年よりあらたに活動させていただいております」
   「皆様からのお言葉、重く受け止めさせていただきます」
   「私なりに結論を出させていただきました
   「努力させていただく所存でございます」
   「まずは状況を見まして判断させていただきます
   「このたび結婚させていただきました

 という具合に、例を挙げれば枚挙にいとまがないほどです。 いずれも使う側の心情としては、感謝や恐縮の気持ちからの言葉だと思われますが、場面によっては、何も頼んだ覚えはないのにと、相手に慇懃(いんぎん)無礼な感じや耳障りな印象を与えたりすることもあるので注意が必要です。
 もともと「(さ)せていただく」は、「する(させてもらう)」の意の謙譲語です。
ですから、次のような言い方であれば適切でしょう。
   
  相手「新刊の載っているカタログを送っていただけますか」
      自分「お問い合わせいただきました新刊のカタログを送らせていただきます
   
  相手「楽しい会なので、あなたもぜひいらっしゃい」
      自分「ありがとうございます。ではお言葉に甘えて出席させていただきます

 1の例は、相手から「送ってもらいたい」と言われて「それでは、送らせていただきます」と言っているわけですから、これは相手からの依頼があり、許可を得て、「そうさせてもらう」という意で「させていただく」を使っている例です。
 2の例は、相手から「いらっしゃい(=出席してください)」と言われて「出席させていただきます」と言っているのですから、これは相手から厚意や恩恵を受けて、「そうさせてもらう」という意で「させていただく」と使っている例です。
 このように「させていただく」というのは、相手の依頼や許可を得て「(そう)させてもらう」場合と、相手の厚意や恩恵を得て「(そう)させてもらう」というような場面で使われる表現です。ですから、相手から依頼を受けたわけでもなく、何ら許可も必要としない、そして直接相手から厚意や恩恵を受けたわけでもないような場面で使いますと、慇懃無礼であったり不自然さを与えたりしかねない不快な表現になってしまいます。
 例文の中の「(さ)せていただく」も、許容度の違いや感じ方の個人差によって許容と考えられるものもあるかもしれませんが、「力を入れさせていただきましたのは」「結婚させていただきました」などは「力を入れましたのは」「力を入れた点は」「結婚いたしました」で十分用が足りるとも言えるでしょう。仕事の関係者や結婚相手の家族に言うのならばわかりますが、許可を得なければならない相手でもなく、相手に直接関係がないような事柄の場合には、言われた側が違和感をもつ場合も多いものです。
 このように、日ごろ使われる頻度の高い「させていただく」ですが、こちらの敬意を伝えるためには、相手や場面を考え、濫用は控えて適切に使いたいものですね。

第10回「させていただきます」 1
井上明美プロフィール
トップページへ
▽コラム
はじめに
第 1回「手紙の役割・言葉の魅力」 (2011/04/18)
第 2回「浅い」と「深い」 (2011/04/25)
第 3回「つまらないもの」とは 1 (2011/05/23)
第 4回「つまらないもの」とは 2 (2011/05/31)
第 5回「するめ」と「あたりめ」 (2011/06/21)
第 6回「暑中お見舞い申し上げます」 (2011/07/04)
第 7回「お中元」は何月何日? (2011/07/14)
第 8回「賞味」と「笑味」 (2011/08/04)
第 9回「お休みをいただく」 (2011/08/30)
第10回「させていただきます」 1 (2011/09/20)
第11回「させていただきます」 2 (2011/09/30)
第12回「ご記入してください」をご確認ください (2011/10/14)
第13回 お名前・御芳名…「返信はがき」のマナー (2011/10/31)
第14回「被災地への年賀状は?」 (2011/11/15)
第15回 お歳暮のお礼状(次回から贈り物を辞退したいとき) (2011/12/07)
第16回「殿」と「様」は どちらが偉い? (2011/12/21)
第17回「ございます」と「いらっしゃいます」1 (2012/01/16)
第18回「ございます」と「いらっしゃいます」2 (2012/01/31)
第19回 気になる「お」とは (2012/02/15)
第20回「こだわり」の数々 (2012/02/29)
第21回「おうわさは伺っております」 (2012/03/15)
第22回「鈴木様はおられますか?」は誤用? (2012/03/30)
第23回 新緑の季節の通知・招待状 (2012/05/23)
第24回「利用」できるもの・できないもの (2012/06/29)
第25回「鈴木氏ら」にご賛同いただきました? (2012/07/31)
第26回「良薬はお口に苦し」「お膝が笑う」? (2012/08/31)
第27回 意味の似た言葉・響きの似た言葉 (2012/09/28)
第28回「祝電が参っております」 (2012/10/26)
第29回「部長、そろそろ参りましょうか?」は○?×? (2012/11/30)
第30回「ご出席されますか?」は正しい? (2012/12/28)
第31回「いただく」と「くださる」 (2013/01/31)
第32回「感動を与える」 (2013/02/28)
第33回「~してあげる」はだれからだれへ? (2013/03/31)
第34回 歌舞伎にまつわる言葉のいろいろ (2013/04/30)
第35回 「部長にご報告いたします」と「部長に報告いたします」 (2013/05/31)
第36回 「前線が通過いたします」はだれへの敬語? (2013/06/30)
第37回 「ご説明させていただく」は誤用? (2013/07/31)
第38回 「省略しても良いもの、悪いもの」 (2013/08/31)
第39回「お召しやすいコートとは?」 (2013/09/30)
第40回 「先生が案内していただきまして」? (2013/10/31)
第41回 最近よく耳にする「なので~」の使い方 (2013/11/29)
第42回 身近な「女房詞<ことば>」 (2013/12/27)