第11回「させていただきます」 2

 前回、「結婚させていただきます」のような、「させていただく」の不自然な用法について触れましたが、先日、文化庁から発表された「平成22年度 国語に関する世論調査」でも、この表現についての調査結果が報告されています。
 調査は、「どちらの言い方を使うか」という問いとして2つの言い方を挙げ、それぞれ4つの選択肢の中から1つを選ばせるという形式で行われています。右側に示した数字はそれぞれ、選んだ人の割合を示しています。

 1「明日は休ませていただきます/明日は休まさせていただきます」
   休ませていただきます・・・・・ 78.3%
   休まさせていただきます・・・・ 18.0%
   どちらも使う・・・・・・・・・・3.1%
   分からない・・・・・・・・・・・0.6%

 2「私が読ませていただきます/私が読まさせていただきます」
   読ませていただきます・・・・・ 72.0%
   読まさせていただきます・・・・ 23.0%
   どちらも使う・・・・・・・・・・4.4%
   分からない・・・・・・・・・・・0.7%

 さて、上の言い方のうち、それぞれどちらが正しいのでしょうか?正解は、1「休ませていただきます」、2「読ませていただきます」で、ともに「さ」が入っていないほうの形です。
 では、「させていただきます」という形ではありませんが、「さ」が入るか入らないかという類似の例として、他にも次のような質問が出されています。

 3「今日はこれで帰らせてください/今日はこれで帰らさせてください」
 4「担当の者を伺わせます/担当の者を伺わさせます」
 5「絵を見せてください/絵を見させてください」

 解説では、上記のように動詞の後に「さ」が入っている「帰らさせてください」「伺わさせます」「見させてください」のうち「見させてください」以外は共通語において誤りとされているとしています。その理由は次の通りです。
「~させていただきます」「~させてください」の「させ」は使役の助動詞「させる」の未然形です。使役の助動詞には「させる」と「せる」があり、上一段・下一段・カ行変格活用の動詞の後には「させる」が付き、五段とサ行変格活用の動詞の後には「せる」が付くのが一般的です。したがって、「休む」「読む」「帰る」「伺う」のような五段活用の動詞には「せる」を付けるのが正しく、これに余分な「さ」を加えた「休まさせる」「読まさせる」などの形は「さ入れ言葉」と呼ばれ、誤用とされています。

 では、先の問いのうち、「絵を見させてください」についてはどうでしょうか。文化庁の解説では、「絵を見せてください/絵を見させてください」は、どちらも問題のない表現であるとしています。なぜなら、「見せてください」は、下一段活用の動詞「見せる」の連用形に接続助詞「て」と「ください」が付いた形であり、「見させてください」は、上一段活用の動詞「見る」の未然形に使役の助動詞「させる」と「て」「ください」が付いた形であるため、どちらも文法的には正しい言い方と言えるのです。

 今回の調査は、全国16歳以上の男女を対象に行われ、各年代ごとの回答の割合も発表されていますが、それによれば年代によっても数字にかなり開きがあるようです。特に、先の例文中の「休ませていただきます/休まさせていただきます」などでは、「休まさせていただきます」という「さ入れ言葉」を使う割合が、60歳以上では13.5%であるのに対し、20代では30.7%、16歳から19歳までの10代では26.3%という結果が出ています。また、「伺わせます/伺わさせます」では、10代の40%もの人が「さ入れ言葉」を使うのに対し、60歳以上では両方使う人を合わせても24.6%の割合です。

 ただ、年代ごとの差異はあるにしても、先の例文1、2の例を見ても全体としては「さ入れ言葉」を使わない人の割合のほうが圧倒的に高く、それだけこの言い方に抵抗を感じる人もまだまだ多いと考えられます。謙譲の気持ちを表したつもりが相手に不快感を与えていたということにならないよう注意したい表現ですね。

第11回「させていただきます」 2
井上明美プロフィール
トップページへ
▽コラム
はじめに
第 1回「手紙の役割・言葉の魅力」 (2011/04/18)
第 2回「浅い」と「深い」 (2011/04/25)
第 3回「つまらないもの」とは 1 (2011/05/23)
第 4回「つまらないもの」とは 2 (2011/05/31)
第 5回「するめ」と「あたりめ」 (2011/06/21)
第 6回「暑中お見舞い申し上げます」 (2011/07/04)
第 7回「お中元」は何月何日? (2011/07/14)
第 8回「賞味」と「笑味」 (2011/08/04)
第 9回「お休みをいただく」 (2011/08/30)
第10回「させていただきます」 1 (2011/09/20)
第11回「させていただきます」 2 (2011/09/30)
第12回「ご記入してください」をご確認ください (2011/10/14)
第13回 お名前・御芳名…「返信はがき」のマナー (2011/10/31)
第14回「被災地への年賀状は?」 (2011/11/15)
第15回 お歳暮のお礼状(次回から贈り物を辞退したいとき) (2011/12/07)
第16回「殿」と「様」は どちらが偉い? (2011/12/21)
第17回「ございます」と「いらっしゃいます」1 (2012/01/16)
第18回「ございます」と「いらっしゃいます」2 (2012/01/31)
第19回 気になる「お」とは (2012/02/15)
第20回「こだわり」の数々 (2012/02/29)
第21回「おうわさは伺っております」 (2012/03/15)
第22回「鈴木様はおられますか?」は誤用? (2012/03/30)
第23回 新緑の季節の通知・招待状 (2012/05/23)
第24回「利用」できるもの・できないもの (2012/06/29)
第25回「鈴木氏ら」にご賛同いただきました? (2012/07/31)
第26回「良薬はお口に苦し」「お膝が笑う」? (2012/08/31)
第27回 意味の似た言葉・響きの似た言葉 (2012/09/28)
第28回「祝電が参っております」 (2012/10/26)
第29回「部長、そろそろ参りましょうか?」は○?×? (2012/11/30)
第30回「ご出席されますか?」は正しい? (2012/12/28)
第31回「いただく」と「くださる」 (2013/01/31)
第32回「感動を与える」 (2013/02/28)
第33回「~してあげる」はだれからだれへ? (2013/03/31)
第34回 歌舞伎にまつわる言葉のいろいろ (2013/04/30)
第35回 「部長にご報告いたします」と「部長に報告いたします」 (2013/05/31)
第36回 「前線が通過いたします」はだれへの敬語? (2013/06/30)
第37回 「ご説明させていただく」は誤用? (2013/07/31)
第38回 「省略しても良いもの、悪いもの」 (2013/08/31)
第39回「お召しやすいコートとは?」 (2013/09/30)
第40回 「先生が案内していただきまして」? (2013/10/31)
第41回 最近よく耳にする「なので~」の使い方 (2013/11/29)
第42回 身近な「女房詞<ことば>」 (2013/12/27)