第12回「ご記入してください」をご確認ください

朝晩の気温がだいぶ下がり、そろそろ冬物の装いが気になる季節ですね。
先日、デパートの洋服売り場をのぞいていたところ、若い店員さんからこんな風に声をかけられました。
 「お洋服はすべてご試着していただけます」
店員さんの言葉に違和感を覚えながらも、その後、品物を選んでレジへ並び、クレジットカードで支払いをしたところ、先ほどとは別の店員さんから、今度はこんな言葉をかけられました。
 「こちらにサインをご記入してください」

 上の2つの会話表現、どこか変ですね。いったいどこがおかしいのでしょうか。
2つの例は、「お(ご)~する」という言い方が自分側の謙譲語であるのに、それを相手の行為に対して使っているための誤用です。正しくは、「ご試着いただけます」「ご記入ください」、丁寧に言うとすれば、「ご試着(なさって)いただけます」「ご記入(なさって)いただけますか」などのようになります。
 ただし、例外もあります。例えば、一番に敬意を表して高めるべき人物が先生であり、次に先輩がいるような場合です。

 「今回の講演会では、鈴木先輩が講師の先生をご紹介してくださったのですか」

 これは、まず「ご紹介する」という謙譲語で行為の向かう先である先生を一番に高め、次に「~くださる」という尊敬語で鈴木先輩のことも高めている用法で、両者をともに高めた言い方として正しい使い方です。このような言葉は、専門的には「二方面敬語」とも呼ばれます。
 しかし、同じく一番に高めるべき相手が先生であるのに、「先生が鈴木先輩をご紹介してくださった」となりますと、これは適切でない言い方となります。先に述べたように「お(ご)~する」という言い方は、本来謙譲表現であるためです。
 このような理由から、先の例文も「ご記入ください」「ご確認ください」が正しい言い方で、簡単に言いますと、「お(ご)~してください」「お(ご)~してくださる」「お(ご)~していただく」などはみな、「して」を取った形が正しい言い方です。
 「お(ご)~する」は、非常に誤用の多い使い方なので、間違いやすい他の例も見直してみましょう。

                                                                        言い換え例
 誤「井上宛にお送りしてください」→  正「井上宛にお送りください」
 誤「どうぞご出席してください」→   正「どうぞご出席ください」
 誤「お足元にご注意してください」→  正「お足元にご注意ください」
 誤「部長にご助言していただいた」→  正「部長にご助言いただいた」
 誤「先生にご指導していただいた」→  正「先生にご指導いただいた」

 上の誤用例のような表現はいかがでしょうか? うっかり使ってしまっていたという方もあるかもしれません。よく耳にする言い回しですが、こうして比べてみると、左の例はいずれも誤りであることがわかります。
 「無事に到着いたしましたので、どうぞご安心してください」などと言われても、何だか落ち着かず、安心もできないもの。だれに対しての言葉なのか、尊敬語と謙譲語を間違えないようにというのが、何より敬語遣いの基本ですね。

第12回「ご記入してください」をご確認ください
井上明美プロフィール
トップページへ
▽コラム
はじめに
第 1回「手紙の役割・言葉の魅力」 (2011/04/18)
第 2回「浅い」と「深い」 (2011/04/25)
第 3回「つまらないもの」とは 1 (2011/05/23)
第 4回「つまらないもの」とは 2 (2011/05/31)
第 5回「するめ」と「あたりめ」 (2011/06/21)
第 6回「暑中お見舞い申し上げます」 (2011/07/04)
第 7回「お中元」は何月何日? (2011/07/14)
第 8回「賞味」と「笑味」 (2011/08/04)
第 9回「お休みをいただく」 (2011/08/30)
第10回「させていただきます」 1 (2011/09/20)
第11回「させていただきます」 2 (2011/09/30)
第12回「ご記入してください」をご確認ください (2011/10/14)
第13回 お名前・御芳名…「返信はがき」のマナー (2011/10/31)
第14回「被災地への年賀状は?」 (2011/11/15)
第15回 お歳暮のお礼状(次回から贈り物を辞退したいとき) (2011/12/07)
第16回「殿」と「様」は どちらが偉い? (2011/12/21)
第17回「ございます」と「いらっしゃいます」1 (2012/01/16)
第18回「ございます」と「いらっしゃいます」2 (2012/01/31)
第19回 気になる「お」とは (2012/02/15)
第20回「こだわり」の数々 (2012/02/29)
第21回「おうわさは伺っております」 (2012/03/15)
第22回「鈴木様はおられますか?」は誤用? (2012/03/30)
第23回 新緑の季節の通知・招待状 (2012/05/23)
第24回「利用」できるもの・できないもの (2012/06/29)
第25回「鈴木氏ら」にご賛同いただきました? (2012/07/31)
第26回「良薬はお口に苦し」「お膝が笑う」? (2012/08/31)
第27回 意味の似た言葉・響きの似た言葉 (2012/09/28)
第28回「祝電が参っております」 (2012/10/26)
第29回「部長、そろそろ参りましょうか?」は○?×? (2012/11/30)
第30回「ご出席されますか?」は正しい? (2012/12/28)
第31回「いただく」と「くださる」 (2013/01/31)
第32回「感動を与える」 (2013/02/28)
第33回「~してあげる」はだれからだれへ? (2013/03/31)
第34回 歌舞伎にまつわる言葉のいろいろ (2013/04/30)
第35回 「部長にご報告いたします」と「部長に報告いたします」 (2013/05/31)
第36回 「前線が通過いたします」はだれへの敬語? (2013/06/30)
第37回 「ご説明させていただく」は誤用? (2013/07/31)
第38回 「省略しても良いもの、悪いもの」 (2013/08/31)
第39回「お召しやすいコートとは?」 (2013/09/30)
第40回 「先生が案内していただきまして」? (2013/10/31)
第41回 最近よく耳にする「なので~」の使い方 (2013/11/29)
第42回 身近な「女房詞<ことば>」 (2013/12/27)