第14回「被災地への年賀状は?」

 郵便局や文具店、コンビニエンスストアでも「年賀はがき」を見かける時季になりました。今年は東日本大震災後ということで「おめでとう」という言葉を使っても良いものかどうか迷うという人も多いと聞きます。年賀状の印刷でも、賀詞を省いたり日の丸がデザインされたりしたものも注目されているようです。
 さて、大きな災害で多くの方が被害に遭われた今年、被災地に知り合いの方がいらっしゃるという方も多いことでしょう。では被災地への年賀状はどのように書いたらよいのでしょうか。「おめでとう」というお祝いの言葉は、やはり避けるべきなのか、失礼になるのか、などと迷うことがあるかと思いますが、必ずしもそうとは言えないのではないかと感じます。
 「年賀」とは、新年のお祝いや年始の祝賀という意味をもちます。ですから、喪中関連の挨拶状は、「年賀状」ではなく、「年始状」「年始のご挨拶」「新年のご挨拶」などと呼ぶのが一般的です。通常の新年の挨拶では、「新年おめでとうございます」という言葉を使いますが、これは新しい年をともに祝うという意味で書かれるものですから、決して相手に対して無礼ということはないと思います。しかし、そうは言ってもやはり「おめでとう」という言葉は使いにくいと感じるのであれば、「謹んで新年(年頭)のご挨拶を申し上げます」や「謹んで新年(新春)のお慶びを申し上げます」「謹賀新年」などの表現に換えることもできるでしょう。
 年賀状の代わりに「寒中見舞い」を出すのもよいと思いますが、あまり気を使いすぎて、反対に何も出さないというのも、また寂しいものです。だれしも自分のことを気に掛けてくれたという気持ちは嬉しいものですし、こちらの心を届けるという意味でもやはり何らかの形で挨拶状を出したいものです。賀詞にとらわれてばかりいるよりも、むしろ新しい年を迎えることができたことをともに喜ぶという年賀状本来の意味を重んじ、ひと言でも、相手を思う言葉を添える心づかいを一層大切にすべきではないでしょうか。
 こんな時こそ、年賀状や寒中見舞いに自分の手書きの一言を添えて、相手に思いを伝えましょう。

【文例1】
    昨年は思いも寄らないたいへんな年でございましたね。
    皆様ご無事でいらしたこと本当に何よりでございました。
    まだ何かとご不自由な事がおありかと存じますが、
    どうか一日も早く、落ち着いた生活を取り戻されますよう、
    心よりお祈りいたしております。
    もしも何か私どもでもできることがあれば、
    どうか遠慮なくおっしゃってくださいね。
    新しい年のご健康、お幸せを願って。

【文例2】
    ○○さんの前向きなお気持ちに、かえってこちらが励まされたような
    元気を与えていただいたような思いがいたしました。
    今年は佳き年でありますことを願うばかりですね。
    落ち着かれたら、またお立ち寄りくださいませ。
    お目に掛かれますのを楽しみにしております。
    お寒さの折、どうかご自愛くださいませ。

 上のような文面は、被災地への年賀状に限ってのことではなく、病気を患った知人や友人あての年賀状などでも同様でしょう。「おめでとう」と言いにくい場合の賀状でも、相手の気持ちになって、前途に光明を見出すような前向きな言葉を用いたいものです。
 年賀状はその年初めて手にする手紙です。新しい年を迎え、その一年の相手の健康や幸せをともに願うということが目的ですから、相手への思いやりを第一に、清らかな気持ちで心をこめて綴りましょう。

第14回「被災地への年賀状は?」
井上明美プロフィール
トップページへ
▽コラム
はじめに
第 1回「手紙の役割・言葉の魅力」 (2011/04/18)
第 2回「浅い」と「深い」 (2011/04/25)
第 3回「つまらないもの」とは 1 (2011/05/23)
第 4回「つまらないもの」とは 2 (2011/05/31)
第 5回「するめ」と「あたりめ」 (2011/06/21)
第 6回「暑中お見舞い申し上げます」 (2011/07/04)
第 7回「お中元」は何月何日? (2011/07/14)
第 8回「賞味」と「笑味」 (2011/08/04)
第 9回「お休みをいただく」 (2011/08/30)
第10回「させていただきます」 1 (2011/09/20)
第11回「させていただきます」 2 (2011/09/30)
第12回「ご記入してください」をご確認ください (2011/10/14)
第13回 お名前・御芳名…「返信はがき」のマナー (2011/10/31)
第14回「被災地への年賀状は?」 (2011/11/15)
第15回 お歳暮のお礼状(次回から贈り物を辞退したいとき) (2011/12/07)
第16回「殿」と「様」は どちらが偉い? (2011/12/21)
第17回「ございます」と「いらっしゃいます」1 (2012/01/16)
第18回「ございます」と「いらっしゃいます」2 (2012/01/31)
第19回 気になる「お」とは (2012/02/15)
第20回「こだわり」の数々 (2012/02/29)
第21回「おうわさは伺っております」 (2012/03/15)
第22回「鈴木様はおられますか?」は誤用? (2012/03/30)
第23回 新緑の季節の通知・招待状 (2012/05/23)
第24回「利用」できるもの・できないもの (2012/06/29)
第25回「鈴木氏ら」にご賛同いただきました? (2012/07/31)
第26回「良薬はお口に苦し」「お膝が笑う」? (2012/08/31)
第27回 意味の似た言葉・響きの似た言葉 (2012/09/28)
第28回「祝電が参っております」 (2012/10/26)
第29回「部長、そろそろ参りましょうか?」は○?×? (2012/11/30)
第30回「ご出席されますか?」は正しい? (2012/12/28)
第31回「いただく」と「くださる」 (2013/01/31)
第32回「感動を与える」 (2013/02/28)
第33回「~してあげる」はだれからだれへ? (2013/03/31)
第34回 歌舞伎にまつわる言葉のいろいろ (2013/04/30)
第35回 「部長にご報告いたします」と「部長に報告いたします」 (2013/05/31)
第36回 「前線が通過いたします」はだれへの敬語? (2013/06/30)
第37回 「ご説明させていただく」は誤用? (2013/07/31)
第38回 「省略しても良いもの、悪いもの」 (2013/08/31)
第39回「お召しやすいコートとは?」 (2013/09/30)
第40回 「先生が案内していただきまして」? (2013/10/31)
第41回 最近よく耳にする「なので~」の使い方 (2013/11/29)
第42回 身近な「女房詞<ことば>」 (2013/12/27)