第19回 気になる「お」とは

 立春を過ぎてもまだまだ寒い日が続き、肌の乾燥する季節ですね。
さて、先日買い物をしておりましたら、化粧品のカウンターでの女性店員のこんな言葉が耳に入ってきました。
「使いはじめてすごくお肌の調子がいいものですから、私もお肌のために
 毎日使っているんです。お肌のためにはもうすごくお勧めなんですよ!」

 何だか気になりますが、それはなぜかと言うと「お肌、お肌」と連発していることと、この「お」の使い方に問題があると感じます。丁寧に品よく言おうとする「美化語」と考えれば間違いではありませんが、なぜ気になるのでしょうか。これは「お客様のお肌」ならば「お肌」で違和感はありませんが、先の例はすべて「私」の「肌」に対して「お」を付けている点で、なんだかしっくりこないと感じるのではないでしょうか。
 「お」の問題ではありませんが、似たような過剰敬語の誤りとして、次のような例があります。
「こちらのセットにはお飲み物がお付きになっておりますが、どうなさいますか」
「ご注文の品はお揃いになりましたでしょうか」
 というような接客の際の言葉です。
 「お付きになる」「お揃いになる」の部分、何だか妙ですね。これでは「飲み物」や「注文の品」に対して敬語を使っていることになってしまいます。例えば、「(先生の)お嬢さんは、介護のためずっと先生のそばにお付きになっていらっしゃる」「みなさんお揃いになりましたでしょうか」という例であれば、人が主語ですから「付く」「揃う」の尊敬語として「お付きになる」「お揃いになる」という表現も使えますが、飲み物や品物に対して尊敬語を使うのはおかしいですね。
 前回(第18回)で述べたように、相手に近い所有物や相手の状態などとして「お宅が完成なさった」や「(怪我が)お治りになった」という言い方は自然でも、「犬がいらっしゃる」や「(電話の故障が)お直りになった」は不自然です。尊敬語を使うのであれば所有者を主語にして「犬を飼っていらっしゃる」としたり、敬語表現を省いて「(電話の故障が)直った」と言ったりするのが正しい表現ですね。ですから、先のレストランの例も「お飲み物が付いておりますが、どう(いかが)なさいますか」「ご注文の品は揃いましたでしょうか」とすれば問題ないといえます。
 上のような誤用例は、どこに敬語を使うか、敬語を使うべき対象を誤ってしまった例です。「私のお肌」の「お」も、だれの所有物や行為に対しての言葉かという点を考えないままの使ってしまっている、美化語の過剰使用と言えるでしょう。尊敬語、謙譲語、丁寧語、美化語とさまざまな意味で使われる「お(ご)」の付く言葉ですが、敬語の対象は何であるかを考え、むやみに付けすぎないように注意しましょう。


第19回 気になる「お」とは
井上明美プロフィール
トップページへ
▽コラム
はじめに
第 1回「手紙の役割・言葉の魅力」 (2011/04/18)
第 2回「浅い」と「深い」 (2011/04/25)
第 3回「つまらないもの」とは 1 (2011/05/23)
第 4回「つまらないもの」とは 2 (2011/05/31)
第 5回「するめ」と「あたりめ」 (2011/06/21)
第 6回「暑中お見舞い申し上げます」 (2011/07/04)
第 7回「お中元」は何月何日? (2011/07/14)
第 8回「賞味」と「笑味」 (2011/08/04)
第 9回「お休みをいただく」 (2011/08/30)
第10回「させていただきます」 1 (2011/09/20)
第11回「させていただきます」 2 (2011/09/30)
第12回「ご記入してください」をご確認ください (2011/10/14)
第13回 お名前・御芳名…「返信はがき」のマナー (2011/10/31)
第14回「被災地への年賀状は?」 (2011/11/15)
第15回 お歳暮のお礼状(次回から贈り物を辞退したいとき) (2011/12/07)
第16回「殿」と「様」は どちらが偉い? (2011/12/21)
第17回「ございます」と「いらっしゃいます」1 (2012/01/16)
第18回「ございます」と「いらっしゃいます」2 (2012/01/31)
第19回 気になる「お」とは (2012/02/15)
第20回「こだわり」の数々 (2012/02/29)
第21回「おうわさは伺っております」 (2012/03/15)
第22回「鈴木様はおられますか?」は誤用? (2012/03/30)
第23回 新緑の季節の通知・招待状 (2012/05/23)
第24回「利用」できるもの・できないもの (2012/06/29)
第25回「鈴木氏ら」にご賛同いただきました? (2012/07/31)
第26回「良薬はお口に苦し」「お膝が笑う」? (2012/08/31)
第27回 意味の似た言葉・響きの似た言葉 (2012/09/28)
第28回「祝電が参っております」 (2012/10/26)
第29回「部長、そろそろ参りましょうか?」は○?×? (2012/11/30)
第30回「ご出席されますか?」は正しい? (2012/12/28)
第31回「いただく」と「くださる」 (2013/01/31)
第32回「感動を与える」 (2013/02/28)
第33回「~してあげる」はだれからだれへ? (2013/03/31)
第34回 歌舞伎にまつわる言葉のいろいろ (2013/04/30)
第35回 「部長にご報告いたします」と「部長に報告いたします」 (2013/05/31)
第36回 「前線が通過いたします」はだれへの敬語? (2013/06/30)
第37回 「ご説明させていただく」は誤用? (2013/07/31)
第38回 「省略しても良いもの、悪いもの」 (2013/08/31)
第39回「お召しやすいコートとは?」 (2013/09/30)
第40回 「先生が案内していただきまして」? (2013/10/31)
第41回 最近よく耳にする「なので~」の使い方 (2013/11/29)
第42回 身近な「女房詞<ことば>」 (2013/12/27)