第21回「おうわさは伺っております」

 春は初対面の人と会う機会が多い季節ですね。初対面であっても、どこかでその人のうわさは聞いて知っているというような場合に、次のような表現が使われることがあります。
 A「鈴木先生のおうわさは、よく伺っております」
 B「鈴木先生のおうわさは、父からよく伺っております」

 このAとBを比べてみた場合、どうでしょう?どちらも似た表現ではあるものの、Bは何だか気になります。これはなぜかと考えますと、「父から伺って」の部分が引っかかるのだろうと思います。
 「伺う」というのは、「聞く」「尋ねる」「訪問する」の謙譲語ですが、「聞く」意の「伺う」には次の2つの用法があります。
 ①話者を敬って言う。
  例「先生からお話を伺う」「先生のお話を伺う」
 ②自分が話をしている相手を敬って言う。
  例「(先生の)おうわさはかねがね伺っております」
   「ご子息のおうわさは伺っております」

 ①は、話の話者(この場合は「先生」)を立てる表現なので、「母から話を伺う」や「友だちのうわさを伺う」「テレビのニュースを伺う」のように、話者を立てる必要がない場合に用いることはできません。一方、②は、「うわさ」の話者がだれであるかには関係なく、自分が対話をしている相手を立てて使う謙譲語で、相手に関する事柄(「うわさ」)や身内(「ご子息」)についても高めて表現します。
 以上の2つの用法を確認した上で、先の「鈴木先生」の例文AとBを見直してみましょう。Aの「鈴木先生のおうわさは、よく伺っております」は、②の用法として正しい使い方ですが、Bの「鈴木先生のおうわさは、父からよく伺っております」はどうでしょうか。言った本人は、②の用法として、会話の相手を立てて使ったつもりでしょうが、「父から」という言葉を入れたために、①の用法として、自分の「父」に対しても謙譲語を使ったことになってしまっています。
 このような場合は、Aの「鈴木先生のおうわさは、よく伺っております」のように、聞いた相手を明確にせずに表現すれば、話者ではなく、「鈴木先生」だけを高める言い方に変わります。また、もしだれから聞いたかを明確にしたい場合は、「鈴木先生のことは、かねがね父がおうわさいたしておりました」「日頃から、鈴木先生のおうわさは父から聞いて存じ上げております」などの言い方もできるでしょう。ただ、後者の「鈴木先生のおうわさは父から聞いて存じ上げております」という表現は、言い方としては正しいのですが、「鈴木先生のおうわさ」と「聞いて」の敬語のバランスがよくないせいか、やや落ち着かない感じを受けます。その点からも、このような場合は、できれば話者を省いたほうが自然な表現であると言えるでしょう。
 このように、日本語は、「自分」と「話をする相手」の他に第三者が関わってくると、敬語の使い方が複雑になり、誤って使われる場合があります。話をする際には、今話題にしている人物はだれなのか、一番に敬意を表す人物はだれなのかをよく考えて、適切な言葉を用いるよう注意したいものですね。


第21回「おうわさは伺っております」
井上明美プロフィール
トップページへ
▽コラム
はじめに
第 1回「手紙の役割・言葉の魅力」 (2011/04/18)
第 2回「浅い」と「深い」 (2011/04/25)
第 3回「つまらないもの」とは 1 (2011/05/23)
第 4回「つまらないもの」とは 2 (2011/05/31)
第 5回「するめ」と「あたりめ」 (2011/06/21)
第 6回「暑中お見舞い申し上げます」 (2011/07/04)
第 7回「お中元」は何月何日? (2011/07/14)
第 8回「賞味」と「笑味」 (2011/08/04)
第 9回「お休みをいただく」 (2011/08/30)
第10回「させていただきます」 1 (2011/09/20)
第11回「させていただきます」 2 (2011/09/30)
第12回「ご記入してください」をご確認ください (2011/10/14)
第13回 お名前・御芳名…「返信はがき」のマナー (2011/10/31)
第14回「被災地への年賀状は?」 (2011/11/15)
第15回 お歳暮のお礼状(次回から贈り物を辞退したいとき) (2011/12/07)
第16回「殿」と「様」は どちらが偉い? (2011/12/21)
第17回「ございます」と「いらっしゃいます」1 (2012/01/16)
第18回「ございます」と「いらっしゃいます」2 (2012/01/31)
第19回 気になる「お」とは (2012/02/15)
第20回「こだわり」の数々 (2012/02/29)
第21回「おうわさは伺っております」 (2012/03/15)
第22回「鈴木様はおられますか?」は誤用? (2012/03/30)
第23回 新緑の季節の通知・招待状 (2012/05/23)
第24回「利用」できるもの・できないもの (2012/06/29)
第25回「鈴木氏ら」にご賛同いただきました? (2012/07/31)
第26回「良薬はお口に苦し」「お膝が笑う」? (2012/08/31)
第27回 意味の似た言葉・響きの似た言葉 (2012/09/28)
第28回「祝電が参っております」 (2012/10/26)
第29回「部長、そろそろ参りましょうか?」は○?×? (2012/11/30)
第30回「ご出席されますか?」は正しい? (2012/12/28)
第31回「いただく」と「くださる」 (2013/01/31)
第32回「感動を与える」 (2013/02/28)
第33回「~してあげる」はだれからだれへ? (2013/03/31)
第34回 歌舞伎にまつわる言葉のいろいろ (2013/04/30)
第35回 「部長にご報告いたします」と「部長に報告いたします」 (2013/05/31)
第36回 「前線が通過いたします」はだれへの敬語? (2013/06/30)
第37回 「ご説明させていただく」は誤用? (2013/07/31)
第38回 「省略しても良いもの、悪いもの」 (2013/08/31)
第39回「お召しやすいコートとは?」 (2013/09/30)
第40回 「先生が案内していただきまして」? (2013/10/31)
第41回 最近よく耳にする「なので~」の使い方 (2013/11/29)
第42回 身近な「女房詞<ことば>」 (2013/12/27)