第23回 新緑の季節の通知・招待状

 木々の緑がさわやかなこの時季は、ちょっとしたお誘い事も多いものです。4月は新入学や入社・転勤など、環境の変化が多く、何かと慌ただしいものですが、1、2か月も過ぎるとそろそろ新しい環境にも慣れてくるころですね。春は転勤などに伴う引っ越しも多いので、お誘いも兼ねて転居通知を出すという場合もあるでしょう。
 昨今では、転居のお知らせもメールで、という人も多いかと思われますが、メール・はがき、いずれにしても、正確に伝えるということと、新居に誘う場合は、相手にあまり気を遣わせず気軽に訪問できるような文面にする心くばりが必要です。
 それではその点に注意して、基本的な文例を見てみましょう。

■文例1 転居のお知らせ
 澄み渡る五月の空がさわやかな好季節ですね。
いかがお過ごしでしょうか。
 さて、このたび下記住所に転居いたしました。
都心には少々遠くなりましたが、近くに広い公園があって緑に囲まれ、
休日は子どもとともにキャッチボールをしたり、新しい環境をそれなりに
楽しんでおります。
 お近くにお越しの節は、散歩がてらどうぞお立ち寄りください。
平成24年5月吉日
        新住所・・・・・・・・・・・・・・・・・
        新電話番号・・・・・・・・・・・・・・・
(最寄り駅は○○線、○○駅で、徒歩5分ぐらいです)

■文例2 転居のお知らせと食事の誘いも兼ねて
 木々を渡る風もさわやかな良い陽気が続いております。
 先日お目にかかりました折にお話いたしましたが、
引っ越しも済みまして、やっと街の様子にも慣れてきたところです。
 昨年誕生日のお祝いにいただいたバラのブルームーンがつぼみを
たくさん付けまして、昨日はじめて花が咲きました。
薄紫の色合いがやわらかで、毎日眺めるのが楽しみです。
 来週の土日あたり、もしご都合よろしければお茶にでも
いらっしゃいませんか?ぜひバラもご覧いただきたいので…。
 新物のグリンピースが実家から届きましたので、豆ごはんを炊いて
お待ち申し上げております。
平成24年5月吉日
        新住所・・・・・・・・・・・・・・・・・
        新電話番号・・・・・・・・・・・・・・・
(最寄り駅は○○線、○○駅で、徒歩5分ほどです)

 転居通知の場合は、新しい住所、電話番号、Eメールアドレスなど、お知らせする内容に誤りがないよう正確に記すというのが基本です。誘いも兼ねるような場合は、最寄り駅や簡単な地図を載せるのも親切なものです。
 また、文面については、いくら嬉しい事柄であっても、「念願の庭付き一戸建てを購入!」「大きな公園に人気のスイーツ店の好環境」など、あまり自分本位な文面になりすぎることのないよう注意したいものです。お誘いの言葉についても、相手にせっかくなので気軽に寄ってみようかなと思わせるようなさりげない言葉を選ぶことが大切です。好季節に合った、さわやかで気くばりのある文面を心がけましょう。


第23回 新緑の季節の通知・招待状
井上明美プロフィール
トップページへ
▽コラム
はじめに
第 1回「手紙の役割・言葉の魅力」 (2011/04/18)
第 2回「浅い」と「深い」 (2011/04/25)
第 3回「つまらないもの」とは 1 (2011/05/23)
第 4回「つまらないもの」とは 2 (2011/05/31)
第 5回「するめ」と「あたりめ」 (2011/06/21)
第 6回「暑中お見舞い申し上げます」 (2011/07/04)
第 7回「お中元」は何月何日? (2011/07/14)
第 8回「賞味」と「笑味」 (2011/08/04)
第 9回「お休みをいただく」 (2011/08/30)
第10回「させていただきます」 1 (2011/09/20)
第11回「させていただきます」 2 (2011/09/30)
第12回「ご記入してください」をご確認ください (2011/10/14)
第13回 お名前・御芳名…「返信はがき」のマナー (2011/10/31)
第14回「被災地への年賀状は?」 (2011/11/15)
第15回 お歳暮のお礼状(次回から贈り物を辞退したいとき) (2011/12/07)
第16回「殿」と「様」は どちらが偉い? (2011/12/21)
第17回「ございます」と「いらっしゃいます」1 (2012/01/16)
第18回「ございます」と「いらっしゃいます」2 (2012/01/31)
第19回 気になる「お」とは (2012/02/15)
第20回「こだわり」の数々 (2012/02/29)
第21回「おうわさは伺っております」 (2012/03/15)
第22回「鈴木様はおられますか?」は誤用? (2012/03/30)
第23回 新緑の季節の通知・招待状 (2012/05/23)
第24回「利用」できるもの・できないもの (2012/06/29)
第25回「鈴木氏ら」にご賛同いただきました? (2012/07/31)
第26回「良薬はお口に苦し」「お膝が笑う」? (2012/08/31)
第27回 意味の似た言葉・響きの似た言葉 (2012/09/28)
第28回「祝電が参っております」 (2012/10/26)
第29回「部長、そろそろ参りましょうか?」は○?×? (2012/11/30)
第30回「ご出席されますか?」は正しい? (2012/12/28)
第31回「いただく」と「くださる」 (2013/01/31)
第32回「感動を与える」 (2013/02/28)
第33回「~してあげる」はだれからだれへ? (2013/03/31)
第34回 歌舞伎にまつわる言葉のいろいろ (2013/04/30)
第35回 「部長にご報告いたします」と「部長に報告いたします」 (2013/05/31)
第36回 「前線が通過いたします」はだれへの敬語? (2013/06/30)
第37回 「ご説明させていただく」は誤用? (2013/07/31)
第38回 「省略しても良いもの、悪いもの」 (2013/08/31)
第39回「お召しやすいコートとは?」 (2013/09/30)
第40回 「先生が案内していただきまして」? (2013/10/31)
第41回 最近よく耳にする「なので~」の使い方 (2013/11/29)
第42回 身近な「女房詞<ことば>」 (2013/12/27)