第24回「利用」できるもの・できないもの

 お中元の時季になりました。デパートの催事場や食料品売り場などでも、お中元・夏のごあいさつの贈り物として、さまざまな商品を勧める声が聞かれます。品物を勧める言葉はいろいろですが、最近売り場で特によく耳にするのが次のような言葉です。
 「ご利用ください」
 いったい何を勧めているだろうかと目をやれば、肉・魚・菓子といった食料品です。別段、そこに置いてある商品を自由に使ってくださいと言っているわけでもなく、「買ってください」と勧めているようなのです。つまり、「(お中元・夏の贈答品として)お買い求め、ご利用ください」と言っているのですね。「お買い求めください」「お買い上げください」「ご購入ください」だと、「買う」という表現が直接的すぎて言いにくい感があるため、婉曲的に「利用」という言葉が使われているのでしょう。
 しかし、それならばたとえば「よろしければ、こちらをどうぞ」「ご贈答にいかがでしょうか」などの表現に言い換えることができますし、これらの表現のほうが誤解も招かず、よりふさわしいと感じます。 実は、この「ご利用ください」という言葉、デパートの売り場だけではなく、最近はいろいろな場面でやや過剰に用いられているようです。あまり気に留めずに聞き流したり読み流したりしてしまうようなことも多いのですが、場面によっては、よく考えてみると何だかおかしいと感じることもある少々注意すべき言葉といえます。
 では、「利用」とは、そもそもどのような意味をもつ言葉なのか、見直してみましょう。国語辞典を引くと、次のように書かれています。

りよう【利用】
1 (物の機能・性能を十分に生かして)役立つようにうまく使うこと。
    また、使って役に立たせること。「いつも地下鉄を―する」「廃物―」
2 (ある目的を達するために)便宜的な手段として使うこと。方便にすること。
    「特権を―する」「立場を―した卑劣な行為」
                                                                        〔『大辞泉』(小学館)より〕

 「利用」は「使用」とも意味がよく似ていますが、特に、物事を役に立つようにうまく使う、特にその物の利点を生かして積極的に使う、自分の利益のために使うといった場合に用いられるようです。「飛行機を利用する」と言えば、交通手段としての利点を生かして飛行機を使うという意味ですし、「休暇を利用して旅行する」は、休暇をうまく使って旅行するという意味になります。
 しかし、「紙を切るのにハサミを利用する」「ご飯を食べるときは箸を利用する」では、違和感が残るものです。やはりこの場合は「紙を切るのにハサミを使用する(使う)」「ご飯を食べるときは箸を使用する(使う)」のように、「使用する」または「使う」という表現のほうがぴったりと当てはまりますね。これは、「ハサミ」はもともと物を切るためのもので、箸も通常ご飯を食べるときに使うものであるため、本来の用途にしたがってそのまま使っているにすぎないためです。ハサミや箸を役に立つようにうまく使っているわけでもなければ、利点を生かして積極的に使っているのでもない、そして自分の利益のために使っているのでもないため「利用」ではおかしいという感じが残るのでしょう。
 インターネットを覗いていると、肉、米、果物などの食品について「安心してご利用ください」「ご家庭でも○○厳選の果物をご利用ください」などという表現を時折見かけますが、よく読んでみても単に「ご購入ください」や「お召し上がりください」の意味で使われているようです。先のデパートの例と同様、「買う(購入する)」という直接的な言葉を避けるという理由もあるのでしょうが、食材として使うという意味ならまだしも、単に「食べる」という意味で使うのは本来の「利用」の使い方から外れてしまっていると言えましょう。
 このように「利用」という言葉は、「使用」に似ているようで微妙に意味が異なり、使い方にやや注意が必要なようです。幅広く便利に使われている言葉も、類語との違いをよく理解して、場面に合わせて正確に使うようにしたいものですね。


第24回「利用」できるもの・できないもの
井上明美プロフィール
トップページへ
▽コラム
はじめに
第 1回「手紙の役割・言葉の魅力」 (2011/04/18)
第 2回「浅い」と「深い」 (2011/04/25)
第 3回「つまらないもの」とは 1 (2011/05/23)
第 4回「つまらないもの」とは 2 (2011/05/31)
第 5回「するめ」と「あたりめ」 (2011/06/21)
第 6回「暑中お見舞い申し上げます」 (2011/07/04)
第 7回「お中元」は何月何日? (2011/07/14)
第 8回「賞味」と「笑味」 (2011/08/04)
第 9回「お休みをいただく」 (2011/08/30)
第10回「させていただきます」 1 (2011/09/20)
第11回「させていただきます」 2 (2011/09/30)
第12回「ご記入してください」をご確認ください (2011/10/14)
第13回 お名前・御芳名…「返信はがき」のマナー (2011/10/31)
第14回「被災地への年賀状は?」 (2011/11/15)
第15回 お歳暮のお礼状(次回から贈り物を辞退したいとき) (2011/12/07)
第16回「殿」と「様」は どちらが偉い? (2011/12/21)
第17回「ございます」と「いらっしゃいます」1 (2012/01/16)
第18回「ございます」と「いらっしゃいます」2 (2012/01/31)
第19回 気になる「お」とは (2012/02/15)
第20回「こだわり」の数々 (2012/02/29)
第21回「おうわさは伺っております」 (2012/03/15)
第22回「鈴木様はおられますか?」は誤用? (2012/03/30)
第23回 新緑の季節の通知・招待状 (2012/05/23)
第24回「利用」できるもの・できないもの (2012/06/29)
第25回「鈴木氏ら」にご賛同いただきました? (2012/07/31)
第26回「良薬はお口に苦し」「お膝が笑う」? (2012/08/31)
第27回 意味の似た言葉・響きの似た言葉 (2012/09/28)
第28回「祝電が参っております」 (2012/10/26)
第29回「部長、そろそろ参りましょうか?」は○?×? (2012/11/30)
第30回「ご出席されますか?」は正しい? (2012/12/28)
第31回「いただく」と「くださる」 (2013/01/31)
第32回「感動を与える」 (2013/02/28)
第33回「~してあげる」はだれからだれへ? (2013/03/31)
第34回 歌舞伎にまつわる言葉のいろいろ (2013/04/30)
第35回 「部長にご報告いたします」と「部長に報告いたします」 (2013/05/31)
第36回 「前線が通過いたします」はだれへの敬語? (2013/06/30)
第37回 「ご説明させていただく」は誤用? (2013/07/31)
第38回 「省略しても良いもの、悪いもの」 (2013/08/31)
第39回「お召しやすいコートとは?」 (2013/09/30)
第40回 「先生が案内していただきまして」? (2013/10/31)
第41回 最近よく耳にする「なので~」の使い方 (2013/11/29)
第42回 身近な「女房詞<ことば>」 (2013/12/27)