第25回「鈴木氏ら」にご賛同いただきました?

 「梅雨明けの暑さ厳しき折、いかがお過ごしでしょうか。私どもは変わりなく過ごしております」 上記の文中の「私ども」のように、名詞や代名詞について複数の意を表す接尾語「ども」は手紙文でも日常会話でもよく使われます。単に複数の意を表すだけでなく、「私ども」「手前ども」「せがれども」のように自称あるいは自分側の人間に付く場合は謙譲の意を含み、「男ども」「野郎ども」「悪党ども」のように人を表す普通名詞に付く場合は、軽蔑の意を含みます。
 似たような接尾語は他にも次のようなものがあります。

「たち」
意味:人や動物などの語に付いて複数を表す。
使用例:私たち・子どもたち・動物たち・生き物たち

「ら」
意味:人に関する体言に付いて複数であることを指す。自分側を表す言葉について謙譲の意を表したり、自分側以外の人を表す言葉について軽蔑・見下しの意を含んだりすることもある。
使用例:私ら・ぼくら・きみら・彼ら/あいつら・てめえら・やつら

 さて、ここで注目したいのは「ら」ですが、この言葉、使い方にやや注意が必要です。たとえば第三者について「彼らは賛同した」などの言い方やニュースの解説などの場面で「市の職員ら数名が賛同の意を表した」ならば問題ないでしょう。しかし、会合の挨拶などで相手側の人を指して「鈴木氏らにご賛同いただきました」では何だか敬意不足で失礼な感じを与えてしまうものです。このような場合は、同じ複数を表す言い方でも「鈴木氏ほか何名かの方々にご賛同いただきました」「鈴木氏はじめ何名かの方々にご賛同いただきました」のように言い換えるべきでしょう。
 「たち」も同じようなことが言えます。「職員たちは一斉に手を挙げて賛同した」はおかしくありませんが、相手と一対一で会話する場合には違和感が生じることがあります。「子どもたちは集まってください」とは言うことができても「職員たちは集まってください」だと言いにくさが残るものです。
 「たち」もさかのぼれば古くは敬意の高い言葉で、「公達(きんだち)」のように貴人に対して用いられていたものと言われますが、現在では「ら」「ども」よりは丁寧な言い方ではあっても「方」などに比べると敬意は軽くなります。ですから先ほどの「職員たち」の例もほかに敬意を表すべき相手があって「承知いたしました。職員たちにも申し伝えます」ならば構いませんが、一対一の場合は、「職員の皆さん」または「職員の方々」「先生方」などの言い方が自然でしょう。
 このように、人を表す言葉もさまざまです。接尾語以外にも、相手側には「あちら様」「先様」、自分側には「者」(例:係りの者)などの言葉が使われることもあります。相手そのものを表す言葉ですから、敬意を欠くことのないように、場面に応じた適切な言葉を使い分けるよう留意しましょう。


第25回「鈴木氏ら」にご賛同いただきました?
井上明美プロフィール
トップページへ
▽コラム
はじめに
第 1回「手紙の役割・言葉の魅力」 (2011/04/18)
第 2回「浅い」と「深い」 (2011/04/25)
第 3回「つまらないもの」とは 1 (2011/05/23)
第 4回「つまらないもの」とは 2 (2011/05/31)
第 5回「するめ」と「あたりめ」 (2011/06/21)
第 6回「暑中お見舞い申し上げます」 (2011/07/04)
第 7回「お中元」は何月何日? (2011/07/14)
第 8回「賞味」と「笑味」 (2011/08/04)
第 9回「お休みをいただく」 (2011/08/30)
第10回「させていただきます」 1 (2011/09/20)
第11回「させていただきます」 2 (2011/09/30)
第12回「ご記入してください」をご確認ください (2011/10/14)
第13回 お名前・御芳名…「返信はがき」のマナー (2011/10/31)
第14回「被災地への年賀状は?」 (2011/11/15)
第15回 お歳暮のお礼状(次回から贈り物を辞退したいとき) (2011/12/07)
第16回「殿」と「様」は どちらが偉い? (2011/12/21)
第17回「ございます」と「いらっしゃいます」1 (2012/01/16)
第18回「ございます」と「いらっしゃいます」2 (2012/01/31)
第19回 気になる「お」とは (2012/02/15)
第20回「こだわり」の数々 (2012/02/29)
第21回「おうわさは伺っております」 (2012/03/15)
第22回「鈴木様はおられますか?」は誤用? (2012/03/30)
第23回 新緑の季節の通知・招待状 (2012/05/23)
第24回「利用」できるもの・できないもの (2012/06/29)
第25回「鈴木氏ら」にご賛同いただきました? (2012/07/31)
第26回「良薬はお口に苦し」「お膝が笑う」? (2012/08/31)
第27回 意味の似た言葉・響きの似た言葉 (2012/09/28)
第28回「祝電が参っております」 (2012/10/26)
第29回「部長、そろそろ参りましょうか?」は○?×? (2012/11/30)
第30回「ご出席されますか?」は正しい? (2012/12/28)
第31回「いただく」と「くださる」 (2013/01/31)
第32回「感動を与える」 (2013/02/28)
第33回「~してあげる」はだれからだれへ? (2013/03/31)
第34回 歌舞伎にまつわる言葉のいろいろ (2013/04/30)
第35回 「部長にご報告いたします」と「部長に報告いたします」 (2013/05/31)
第36回 「前線が通過いたします」はだれへの敬語? (2013/06/30)
第37回 「ご説明させていただく」は誤用? (2013/07/31)
第38回 「省略しても良いもの、悪いもの」 (2013/08/31)
第39回「お召しやすいコートとは?」 (2013/09/30)
第40回 「先生が案内していただきまして」? (2013/10/31)
第41回 最近よく耳にする「なので~」の使い方 (2013/11/29)
第42回 身近な「女房詞<ことば>」 (2013/12/27)