第28回「祝電が参っております」

 朝晩の凛(りん)とした空気に秋の深まりを感じるころとなりました。秋は、読書の秋、スポーツの秋、行楽の秋など様々ですが、春や6月に次いで、結婚式の多い季節と言われます。
 さて、結婚式の披露宴などで時々こんな言葉を耳にするのだけれど、正しいのかどうか気になるという質問を受けることがあります。

 「それでは、祝電が参っておりますのでご披露させていただきます」

 上のような司会者の言葉の中の、「参る」の使い方が気になるようです。では「参る」という言葉の意味と使い方を再確認してみましょう。

「参る」は、「行く」「来る」の意の謙譲語として使われています。

    A「明日、私も会場に参ります」
    B「何時ごろ会場に参ればよろしいでしょうか」
    C「10時にお迎えに参ります」       

などがその例です。
 これは、主語である自分や自分側を低めて、聞き手に丁重に述べる働きをもつため、謙譲語(詳しくは「謙譲語」Ⅱ〈丁重語〉)と呼ばれます。ですから、反対に聞き手を主語として、「先生も明日会場に参りますか」「先生は何時ごろ参られますか」などの表現が誤りであるのは言うまでもありません。 
また、「参る」は、次のような使われ方をすることもあります。

    D「だいぶ涼しくなってまいりました」
    E「1番ホームに電車が参ります」

 このような例は、主語を低めるという意味合いはなくなり、単に聞き手に対して丁重さを表す意で用いられるものです。以前は、「丁寧語」に属する語とも言われていましたが、現在は「敬語5分類」の中での「謙譲語Ⅱ」(丁重語)と呼ばれています。Dの「まいる」は補助動詞「くる」の丁重語、Eの「参る」は動詞「来る」の丁重語です。
 そこで、問題の「祝電が参っております」に戻りますと、丁重語として使われている例とも考えられます。その意味では間違いではありませんが、先の「明日、私も会場に参ります」「10時にお迎えに参ります」のように、同じ丁重語でも、主語を低める用いられ方をすることもあるため、やや落ち着かない感じをともなうのでしょう。つまり、「祝電が参っている」では、祝電の発信者に対して敬意が不足しているように響くため、不自然、不適切と感じる人が多いのではないかと思われます。
 そのような誤解や敬意不足を防ぐには、次のような表現に言いかえるとよいでしょう。

    1「祝電をいただいております」「祝電を頂戴しております」
         司会者が主催者側に立った表現。
    2「祝電が届いております」
         司会者が中間・中立の立場になった表現


 司会者の立場をどうとらえるかによって違ってくるでしょうが、司会者も主催者側と同じであり、列席者や祝電の発信者は「お客様」という関係で考えるならば、1がより適切な言い方となるでしょう。
 ほかにも、「参る」と同じようによく問題となる語に「申す」や「いたす」があります。下の表にある通り、それぞれ、主語を低める使い方と、単に聞き手に対して丁重に言う使い方の2通りの使い方があります。

            

 よく使う動詞・補助動詞の謙譲語の用法をよく知って、だれが主語なのかを考えながら、相手への敬意を欠くことのないようふさわしい言葉を使いたいものですね。


第28回「祝電が参っております」
井上明美プロフィール
トップページへ
▽コラム
はじめに
第 1回「手紙の役割・言葉の魅力」 (2011/04/18)
第 2回「浅い」と「深い」 (2011/04/25)
第 3回「つまらないもの」とは 1 (2011/05/23)
第 4回「つまらないもの」とは 2 (2011/05/31)
第 5回「するめ」と「あたりめ」 (2011/06/21)
第 6回「暑中お見舞い申し上げます」 (2011/07/04)
第 7回「お中元」は何月何日? (2011/07/14)
第 8回「賞味」と「笑味」 (2011/08/04)
第 9回「お休みをいただく」 (2011/08/30)
第10回「させていただきます」 1 (2011/09/20)
第11回「させていただきます」 2 (2011/09/30)
第12回「ご記入してください」をご確認ください (2011/10/14)
第13回 お名前・御芳名…「返信はがき」のマナー (2011/10/31)
第14回「被災地への年賀状は?」 (2011/11/15)
第15回 お歳暮のお礼状(次回から贈り物を辞退したいとき) (2011/12/07)
第16回「殿」と「様」は どちらが偉い? (2011/12/21)
第17回「ございます」と「いらっしゃいます」1 (2012/01/16)
第18回「ございます」と「いらっしゃいます」2 (2012/01/31)
第19回 気になる「お」とは (2012/02/15)
第20回「こだわり」の数々 (2012/02/29)
第21回「おうわさは伺っております」 (2012/03/15)
第22回「鈴木様はおられますか?」は誤用? (2012/03/30)
第23回 新緑の季節の通知・招待状 (2012/05/23)
第24回「利用」できるもの・できないもの (2012/06/29)
第25回「鈴木氏ら」にご賛同いただきました? (2012/07/31)
第26回「良薬はお口に苦し」「お膝が笑う」? (2012/08/31)
第27回 意味の似た言葉・響きの似た言葉 (2012/09/28)
第28回「祝電が参っております」 (2012/10/26)
第29回「部長、そろそろ参りましょうか?」は○?×? (2012/11/30)
第30回「ご出席されますか?」は正しい? (2012/12/28)
第31回「いただく」と「くださる」 (2013/01/31)
第32回「感動を与える」 (2013/02/28)
第33回「~してあげる」はだれからだれへ? (2013/03/31)
第34回 歌舞伎にまつわる言葉のいろいろ (2013/04/30)
第35回 「部長にご報告いたします」と「部長に報告いたします」 (2013/05/31)
第36回 「前線が通過いたします」はだれへの敬語? (2013/06/30)
第37回 「ご説明させていただく」は誤用? (2013/07/31)
第38回 「省略しても良いもの、悪いもの」 (2013/08/31)
第39回「お召しやすいコートとは?」 (2013/09/30)
第40回 「先生が案内していただきまして」? (2013/10/31)
第41回 最近よく耳にする「なので~」の使い方 (2013/11/29)
第42回 身近な「女房詞<ことば>」 (2013/12/27)