第31回「いただく」と「くださる」

 年賀状や寒中見舞いなどの返信で、「(寒中見舞いの)おはがきをお送りいただきましてありがとうございました」などのように書くことがあります。このように、人から物をもらったり、厚意を受けたりした場合には「~いただきまして」「~くださいまして」という表現を用いることが非常に多いものですが、この「いただく」と「くださる」について、どのような違いがあるのか、使い方に迷うという声をよく耳にします。
 結論から申しますと、丁寧度や敬意の度合いからすれば、この2つはそう違いがないものと考えられます。ただ、ひとつ違いがあるといえば、それは敬語の種類が違うという点でしょう。たとえば、次の文を比べてみましょう。


  A「ご本をお送りいただきまして、ありがとうございました」
  B「ご本をお送りくださいまして、ありがとうございました」


 Aの「お送りいただく」は、「お(ご)~いただく」の形で「~てもらう」の意の謙譲表現を用いたものです。それに対してBの「お送りくださる」は、「お(ご)~くださる」の形で「~てくれる」の意の尊敬表現を用いて表した言い方といえます。
 自分が「いただく(もらう)」というのは、相手が「くださる(くれる)」と同義なわけですから、どちらでも正しいことになり、敬意の度合いとしてもほとんど違いがないと言っていいでしょう。しかし、もし区別するとしたら、「いただく」は、どちらかと言えば自分が相手に頼んだ場合に使われ、「くださる」は、自分が相手に頼んだことでなくとも、相手の意思で何かをしてくれるような場合に使われることが多いのではないかと感じます。
 具体的な場面としては、次のような例です。


 場面1 自分が注文した本を書店などから送ってもらった場合
   →「(私が注文しました本を)お送りいただきまして」


 場面2 先生が自分の本を送ってくれたような場合
   →「(先生のご著書を)お送りくださいまして」


 と、このような使い分けをされると考えられます。ただし、実際には、場面2のように、自分が頼んでいない、相手の自発的な行為であった場合でも「お送りいただき」という表現もしばしば使われています。これはなぜかと考えますと、頼んだりお願いしたりしたわけでもなく相手の厚意によることに対して、相手から厚意を受けたという部分を強める意味で「(ご著書を)お送りいただき」という謙譲表現が使われるのではないでしょうか。頼んだわけでもないのに自分にまでお心くばりいただいて…と恐縮する気持ち、厚意を受けたことをありがたく思う気持ち、そのような感情から「いただく」という表現が好まれるのでしょう。


 ここで注意したいのは、これとは反対に自分が相手に明らかに何かを頼んだような場面で「くださる」を使うのは、違和感を生じることもあるという点です。たとえば以下のような例です。


 場面3 自分の会合への出席を無理にお願いしたような場合
   →△「本日はご出席くださいましてありがとうございます」


 場面4 自分が渡してもらいたいと頼んだ場合
   →△「資料をお渡しくださいましてありがとうございます」


 場面3のような場合、相手は、「あなたからどうしてもとお願いされたから出席したのに」などと不自然に感じる恐れもあります。ここは「このたびは(ご無理を申して)ご出席いただきましてありがとうございます」などのほうが言葉としてなんとなくおさまりが良くしっくりくる感じがします。場面4も同じく、「(お願いいたしました)資料をお渡しいただきましてありがとうございました」などの表現のほうが自然に感じられます。この2つはいずれも、自分が相手に「出席」や「渡す」という行為を頼んで行ってもらったために、「~いただく」という表現が適当という印象を受ける例です。
 言葉として決して間違いでもなく、意味上の違いや敬意の差がほとんどない言葉であっても、どのような場面において使われるかによって受ける印象は違ってくるといえるのでしょうね。










 


 

第31回「いただく」と「くださる」
井上明美プロフィール
トップページへ
▽コラム
はじめに
第 1回「手紙の役割・言葉の魅力」 (2011/04/18)
第 2回「浅い」と「深い」 (2011/04/25)
第 3回「つまらないもの」とは 1 (2011/05/23)
第 4回「つまらないもの」とは 2 (2011/05/31)
第 5回「するめ」と「あたりめ」 (2011/06/21)
第 6回「暑中お見舞い申し上げます」 (2011/07/04)
第 7回「お中元」は何月何日? (2011/07/14)
第 8回「賞味」と「笑味」 (2011/08/04)
第 9回「お休みをいただく」 (2011/08/30)
第10回「させていただきます」 1 (2011/09/20)
第11回「させていただきます」 2 (2011/09/30)
第12回「ご記入してください」をご確認ください (2011/10/14)
第13回 お名前・御芳名…「返信はがき」のマナー (2011/10/31)
第14回「被災地への年賀状は?」 (2011/11/15)
第15回 お歳暮のお礼状(次回から贈り物を辞退したいとき) (2011/12/07)
第16回「殿」と「様」は どちらが偉い? (2011/12/21)
第17回「ございます」と「いらっしゃいます」1 (2012/01/16)
第18回「ございます」と「いらっしゃいます」2 (2012/01/31)
第19回 気になる「お」とは (2012/02/15)
第20回「こだわり」の数々 (2012/02/29)
第21回「おうわさは伺っております」 (2012/03/15)
第22回「鈴木様はおられますか?」は誤用? (2012/03/30)
第23回 新緑の季節の通知・招待状 (2012/05/23)
第24回「利用」できるもの・できないもの (2012/06/29)
第25回「鈴木氏ら」にご賛同いただきました? (2012/07/31)
第26回「良薬はお口に苦し」「お膝が笑う」? (2012/08/31)
第27回 意味の似た言葉・響きの似た言葉 (2012/09/28)
第28回「祝電が参っております」 (2012/10/26)
第29回「部長、そろそろ参りましょうか?」は○?×? (2012/11/30)
第30回「ご出席されますか?」は正しい? (2012/12/28)
第31回「いただく」と「くださる」 (2013/01/31)
第32回「感動を与える」 (2013/02/28)
第33回「~してあげる」はだれからだれへ? (2013/03/31)
第34回 歌舞伎にまつわる言葉のいろいろ (2013/04/30)
第35回 「部長にご報告いたします」と「部長に報告いたします」 (2013/05/31)
第36回 「前線が通過いたします」はだれへの敬語? (2013/06/30)
第37回 「ご説明させていただく」は誤用? (2013/07/31)
第38回 「省略しても良いもの、悪いもの」 (2013/08/31)
第39回「お召しやすいコートとは?」 (2013/09/30)
第40回 「先生が案内していただきまして」? (2013/10/31)
第41回 最近よく耳にする「なので~」の使い方 (2013/11/29)
第42回 身近な「女房詞<ことば>」 (2013/12/27)