第36回 「前線が通過いたします」はだれへの敬語?

 前回、「ご報告いたします」と「報告いたします」の違いを比べ、その中で、「いたす」は主語を低め聞き手に対し丁重に述べる働きをもつ謙譲語(謙譲語Ⅱ 丁重語)であるという話をしました。では、次の例のような場合の「いたす」も、果たして同じように、主語を低めて聞き手に丁重に述べているといえるのでしょうか?

  例「電車が通過いたします」  

   この場合の主語は「電車」になるわけですが、この文章が主語である電車を低めているのかというと、どうも違うようですね。このような場合の「いたす」は、主語を低めるという性質はもたず、ただ聞き手に対し丁重に述べるという働きのみで使われているものです。
   謙譲語とは本来、主語を低める表現であることが基本ですが、「謙譲語Ⅱ 丁重語」と呼ばれるものの中には、主語を低める性質をもつものと、上の例のように、主語を低める性質をもたず、単に聞き手に丁重に述べるだけのものがあります。先の「いたす」と似た働きをもつ言葉は、ほかにも、「まいる」「申す」「おる」などがあります。それぞれ、例を挙げて比べてみましょう。

   上記の表(イ)のような謙譲語の用法は、日ごろ何気なく使っている会話文や時候のあいさつ言葉などでもよく用いられています。たとえば、今ごろの季節ですと、「夏を思わせる陽気になってまいりました」「木々の緑もいちだんと色濃くなってまいりました」「紫陽花の花が咲き始め、梅雨の入りを感じさせるころとなってまいりました」…など、たくさん挙げられます。
 本来の謙譲語の性質である主語を低める働きのものと、主語を低めるという性質を失い、単に聞き手に丁重に述べるだけの働きになったもの。「謙譲語Ⅱ 丁重語」と言うと、なんだかむずかしいものと思いがちですが、その違いを比べてみると意味や使い方がはっきりしてくるものですね。

第36回 「前線が通過いたします」はだれへの敬語?
井上明美プロフィール
トップページへ
▽コラム
はじめに
第 1回「手紙の役割・言葉の魅力」 (2011/04/18)
第 2回「浅い」と「深い」 (2011/04/25)
第 3回「つまらないもの」とは 1 (2011/05/23)
第 4回「つまらないもの」とは 2 (2011/05/31)
第 5回「するめ」と「あたりめ」 (2011/06/21)
第 6回「暑中お見舞い申し上げます」 (2011/07/04)
第 7回「お中元」は何月何日? (2011/07/14)
第 8回「賞味」と「笑味」 (2011/08/04)
第 9回「お休みをいただく」 (2011/08/30)
第10回「させていただきます」 1 (2011/09/20)
第11回「させていただきます」 2 (2011/09/30)
第12回「ご記入してください」をご確認ください (2011/10/14)
第13回 お名前・御芳名…「返信はがき」のマナー (2011/10/31)
第14回「被災地への年賀状は?」 (2011/11/15)
第15回 お歳暮のお礼状(次回から贈り物を辞退したいとき) (2011/12/07)
第16回「殿」と「様」は どちらが偉い? (2011/12/21)
第17回「ございます」と「いらっしゃいます」1 (2012/01/16)
第18回「ございます」と「いらっしゃいます」2 (2012/01/31)
第19回 気になる「お」とは (2012/02/15)
第20回「こだわり」の数々 (2012/02/29)
第21回「おうわさは伺っております」 (2012/03/15)
第22回「鈴木様はおられますか?」は誤用? (2012/03/30)
第23回 新緑の季節の通知・招待状 (2012/05/23)
第24回「利用」できるもの・できないもの (2012/06/29)
第25回「鈴木氏ら」にご賛同いただきました? (2012/07/31)
第26回「良薬はお口に苦し」「お膝が笑う」? (2012/08/31)
第27回 意味の似た言葉・響きの似た言葉 (2012/09/28)
第28回「祝電が参っております」 (2012/10/26)
第29回「部長、そろそろ参りましょうか?」は○?×? (2012/11/30)
第30回「ご出席されますか?」は正しい? (2012/12/28)
第31回「いただく」と「くださる」 (2013/01/31)
第32回「感動を与える」 (2013/02/28)
第33回「~してあげる」はだれからだれへ? (2013/03/31)
第34回 歌舞伎にまつわる言葉のいろいろ (2013/04/30)
第35回 「部長にご報告いたします」と「部長に報告いたします」 (2013/05/31)
第36回 「前線が通過いたします」はだれへの敬語? (2013/06/30)
第37回 「ご説明させていただく」は誤用? (2013/07/31)
第38回 「省略しても良いもの、悪いもの」 (2013/08/31)
第39回「お召しやすいコートとは?」 (2013/09/30)
第40回 「先生が案内していただきまして」? (2013/10/31)
第41回 最近よく耳にする「なので~」の使い方 (2013/11/29)
第42回 身近な「女房詞<ことば>」 (2013/12/27)