第38回 「省略しても良いもの、悪いもの」

 猛暑もようやく去り秋の訪れが待たれるころですが、この暑さに負けないように、食事にも気を配ったという方も多いことでしょう。夏負けを防ぐために鰻をというのは今では広く知られていますが、鰻を食べる習慣は古くはさかのぼること、『万葉集』の大伴家持の歌にもその例が見られます。


 石麻呂にわれもの申す夏やせによしといふ物そ鰻取りめせ


 このころからすでに鰻は、夏負けしない栄養ある食物として知られていたことがうかがえます。近年、ニホンウナギの稚魚(シラスウナギ)が極度の不漁に陥ったために現在鰻は非常に貴重なものとなってしまいましたが、それでもやはり夏は鰻という方もあるでしょう。先日もデパートのレストランで鰻を注文している人を目にしました。
 さて、話は変わりますが、このようにレストランなどで注文をする際に、みな次のような言い方をすることが多いのではないでしょうか。

「私、天ざる」「おれは鰻」「私も鰻」

 しかし、よく考えてみますと、注文しているのは人間ですから天ざるや鰻などではありません。そう考えるとおかしな表現のように感じますが、国語学者、故・金田一春彦先生の話には次のようにあります。
「『おれはウナギだ』よく食堂などで聞く言葉であるが、その人自身は人間であってウナギではない。「おれはウナギを食べる」 これを少しでも短くしようとして生まれた表現だ。…中略…いつか幡ヶ谷の方に用事があるので「幡ヶ谷行き」の乗り場の列の最後についていたら、一人の男がやってきて、「ここは幡ヶ谷ですか」と聞く。「そうです」と答えたところ、私のすぐ前にいた男が不思議そうな顔をしながら振りかえり、「ここは渋谷ではありませんか」とたずねた。「幡ヶ谷行きの乗り場」―このくらいのものは、ただ「幡ヶ谷」と略してしまうのである」(『日本人の言語表現』講談社現代新書 金田一春彦著より)。

 鰻に限らず、いくつかのうちそのどれかを述べるような場面で、私たちはこの省略表現を使っています。「私、青」「私は緑」。「私は電車」「私は車」。いずれも、「私は青にする」「私は緑にしようかな」「私は電車で来た」「私は今日は車を運転して来た」などの言葉や感情が省略されているわけですね。
 言葉を省略する例としては、このほかにも語そのものを短く省略する「省略語・略語」があります。略語は、同じ現場で作業をする者同士であれば、伝えやすい、時間を短縮できるなどの効果もあります。しかし、どんな場面でも使えるかというと、そうとばかりは言えないものです。パソコン(PC)、CDなど一般的によく使われ知られている言葉ならば別ですが、同じ省略表現でも次のような場面では、省略せずに話すほうが好ましいものです。


[お客様や目上の人に道順を説明する場合]
「次の信号のところに、百均スタバがあるのですが、そのスタバ
隣りが弊社のビルです」


[お客様や目上の人と話す場合]
「昨日、ケンタの前に車を停めて買い物をしたほんの
4~5分の間に、駐禁をきられてしまいました」
「ひとくちに○○と言っても、ピンキリですよね」


 これらは友達同士の会話ならば問題ないでしょうが、お客様や目上の人との会話や改まった場面での会話では、ぞんざいな印象を与えてしまうこともあります。ときに便利な省略表現ですが、濫用は控えて場面に合わせてうまく使い分けたいものですね。
 


第38回 「省略しても良いもの、悪いもの」
井上明美プロフィール
トップページへ
▽コラム
はじめに
第 1回「手紙の役割・言葉の魅力」 (2011/04/18)
第 2回「浅い」と「深い」 (2011/04/25)
第 3回「つまらないもの」とは 1 (2011/05/23)
第 4回「つまらないもの」とは 2 (2011/05/31)
第 5回「するめ」と「あたりめ」 (2011/06/21)
第 6回「暑中お見舞い申し上げます」 (2011/07/04)
第 7回「お中元」は何月何日? (2011/07/14)
第 8回「賞味」と「笑味」 (2011/08/04)
第 9回「お休みをいただく」 (2011/08/30)
第10回「させていただきます」 1 (2011/09/20)
第11回「させていただきます」 2 (2011/09/30)
第12回「ご記入してください」をご確認ください (2011/10/14)
第13回 お名前・御芳名…「返信はがき」のマナー (2011/10/31)
第14回「被災地への年賀状は?」 (2011/11/15)
第15回 お歳暮のお礼状(次回から贈り物を辞退したいとき) (2011/12/07)
第16回「殿」と「様」は どちらが偉い? (2011/12/21)
第17回「ございます」と「いらっしゃいます」1 (2012/01/16)
第18回「ございます」と「いらっしゃいます」2 (2012/01/31)
第19回 気になる「お」とは (2012/02/15)
第20回「こだわり」の数々 (2012/02/29)
第21回「おうわさは伺っております」 (2012/03/15)
第22回「鈴木様はおられますか?」は誤用? (2012/03/30)
第23回 新緑の季節の通知・招待状 (2012/05/23)
第24回「利用」できるもの・できないもの (2012/06/29)
第25回「鈴木氏ら」にご賛同いただきました? (2012/07/31)
第26回「良薬はお口に苦し」「お膝が笑う」? (2012/08/31)
第27回 意味の似た言葉・響きの似た言葉 (2012/09/28)
第28回「祝電が参っております」 (2012/10/26)
第29回「部長、そろそろ参りましょうか?」は○?×? (2012/11/30)
第30回「ご出席されますか?」は正しい? (2012/12/28)
第31回「いただく」と「くださる」 (2013/01/31)
第32回「感動を与える」 (2013/02/28)
第33回「~してあげる」はだれからだれへ? (2013/03/31)
第34回 歌舞伎にまつわる言葉のいろいろ (2013/04/30)
第35回 「部長にご報告いたします」と「部長に報告いたします」 (2013/05/31)
第36回 「前線が通過いたします」はだれへの敬語? (2013/06/30)
第37回 「ご説明させていただく」は誤用? (2013/07/31)
第38回 「省略しても良いもの、悪いもの」 (2013/08/31)
第39回「お召しやすいコートとは?」 (2013/09/30)
第40回 「先生が案内していただきまして」? (2013/10/31)
第41回 最近よく耳にする「なので~」の使い方 (2013/11/29)
第42回 身近な「女房詞<ことば>」 (2013/12/27)