第39回「お召しやすいコートとは?」

 9月の16日は「敬老の日」でしたね。日頃のご無沙汰のおわびや感謝の気持ちをこめて、贈り物をしたという方もあるかもしれません。
 さて、そんな贈り物を選ぶ場面で、先日こんな言葉を耳にしました。

 「(おばあさまへのプレゼントでしたら)こちらのほうが生地もやわらかく
 お召しやすいかと思いますが、いかがでしょうか」

 ちょっと聞いただけでは気が付かないかもしれませんが、よく考えてみますとなんだかおかしな表現です。
「いかがでしょうか」の部分は、「どう(ですか)・どう(でしょう)」を「いかが」を用いることによって改まった言い回しになり、適切な表現です。
 しかし、肝心の相手の動作を指す部分である「お召しやすい」という表現に問題があります。基本に戻って考えてみますと次のようになります。

 基本   「着る」
         ↓    尊敬語にすると
      「お召しになる」
         ↓   「やすい」を付けると
      「お召しになりやすい」

 ですから「お召しやすい」ではなく、「お召しになりやすい」が正しい表現であることがわかります。
 このような誤りの例はほかにも案外多いものです。
 たとえば「お求めやすい価格」という言い方は間違いで、正しくは「お求めになりやすい価格」、という例です。この場合、まずは「求める」という動詞を尊敬語にして、「お求めになる」とします。これに「やすい」を付けて、「お求めになりやすい」とすれば、正しい尊敬表現になるのです。 

※ちなみに、「求める」の尊敬語には、「求められる」(『れる・られる』型)、「お求めになる」(『お(ご) ~になる』型)、「お求めなさる」(『お(ご) ~なさる』型)などが挙げられるのですが、その中で今回の「+やすい」に一番なじみやすい型は、「お求めになる」(『お(ご) ~になる』型)でしょう。

 ほかにも、×「お分かりにくい点」→○「お分かりになりにくい点」などは日常よく聞く誤用例だと思います。
 同じように、よく使われる言葉をまとめてみますと、「お~やすい」ではなく「お~になりやすい」が響きも自然であり、適切な表現であることが理解できます。


 
 やはりいずれも、お書きやすいペン、お読みやすい場所、お話しやすい部屋、ご覧やすい席、お使いやすい品では不自然です。
 日ごろ何気なく使ってしまう間違えやすい表現ですが、おかしな言い回しにならないように注意したいものですね。

第39回「お召しやすいコートとは?」
井上明美プロフィール
トップページへ
▽コラム
はじめに
第 1回「手紙の役割・言葉の魅力」 (2011/04/18)
第 2回「浅い」と「深い」 (2011/04/25)
第 3回「つまらないもの」とは 1 (2011/05/23)
第 4回「つまらないもの」とは 2 (2011/05/31)
第 5回「するめ」と「あたりめ」 (2011/06/21)
第 6回「暑中お見舞い申し上げます」 (2011/07/04)
第 7回「お中元」は何月何日? (2011/07/14)
第 8回「賞味」と「笑味」 (2011/08/04)
第 9回「お休みをいただく」 (2011/08/30)
第10回「させていただきます」 1 (2011/09/20)
第11回「させていただきます」 2 (2011/09/30)
第12回「ご記入してください」をご確認ください (2011/10/14)
第13回 お名前・御芳名…「返信はがき」のマナー (2011/10/31)
第14回「被災地への年賀状は?」 (2011/11/15)
第15回 お歳暮のお礼状(次回から贈り物を辞退したいとき) (2011/12/07)
第16回「殿」と「様」は どちらが偉い? (2011/12/21)
第17回「ございます」と「いらっしゃいます」1 (2012/01/16)
第18回「ございます」と「いらっしゃいます」2 (2012/01/31)
第19回 気になる「お」とは (2012/02/15)
第20回「こだわり」の数々 (2012/02/29)
第21回「おうわさは伺っております」 (2012/03/15)
第22回「鈴木様はおられますか?」は誤用? (2012/03/30)
第23回 新緑の季節の通知・招待状 (2012/05/23)
第24回「利用」できるもの・できないもの (2012/06/29)
第25回「鈴木氏ら」にご賛同いただきました? (2012/07/31)
第26回「良薬はお口に苦し」「お膝が笑う」? (2012/08/31)
第27回 意味の似た言葉・響きの似た言葉 (2012/09/28)
第28回「祝電が参っております」 (2012/10/26)
第29回「部長、そろそろ参りましょうか?」は○?×? (2012/11/30)
第30回「ご出席されますか?」は正しい? (2012/12/28)
第31回「いただく」と「くださる」 (2013/01/31)
第32回「感動を与える」 (2013/02/28)
第33回「~してあげる」はだれからだれへ? (2013/03/31)
第34回 歌舞伎にまつわる言葉のいろいろ (2013/04/30)
第35回 「部長にご報告いたします」と「部長に報告いたします」 (2013/05/31)
第36回 「前線が通過いたします」はだれへの敬語? (2013/06/30)
第37回 「ご説明させていただく」は誤用? (2013/07/31)
第38回 「省略しても良いもの、悪いもの」 (2013/08/31)
第39回「お召しやすいコートとは?」 (2013/09/30)
第40回 「先生が案内していただきまして」? (2013/10/31)
第41回 最近よく耳にする「なので~」の使い方 (2013/11/29)
第42回 身近な「女房詞<ことば>」 (2013/12/27)