第40回 「先生が案内していただきまして」?

 秋は、結婚式やパーティーなどの催し物も多いため、案内状や手紙を出す機会というのも案外あるものです。
 さて、そのような文章を書く際に、時折「てにをは」などの助詞の使い方や句読点の使い方の注意点というのが挙げられることがあります。
 次の例文をもとに考えてみましょう。

「私は先週郷里から帰った先生に手紙を書きました」


 文章としては間違いではありませんが、よく考えると点の位置によって2通りの意味に解釈できることがわかります。
A「私は先週、郷里から帰った先生に手紙を書きました」
B「私は、先週郷里から帰った先生に手紙を書きました」


 Aの文では、「私が先生に手紙を書いた」のは先週ということになります。
一方、Bは「先生が郷里から帰った」のは先週ということになります。
 このように、ひとつの文章でいくつかの意味に解釈できる場合でも、たったひとつの「、」を付けることで意味がはっきりします。


 また、次の例のように、「は」と「が」のどちらを選ぶかで、文章のニュアンスが変わる場合があります。


A「彼、先日手紙に書きました田中さんです」
B「彼、先日手紙に書きました田中さんです」


 こちらを比べてみた場合、Aの「~は」は、「彼」がどういう人かという部分を表す「田中さん」を強めた言い方になります。
 そしてBの「~が」は、「彼」の部分に重きを置いた表現という違いがあります。つまり別の言い方をするならば、Bは「彼が、話題の中心の」「彼が手紙に書いたあの」というような意味をもつ表現と言えるでしょう。


 このような助詞の使い方は、敬語表現を用いた文章でも気になることがあります。


「先日はたいへんお世話になりましてありがとうございました。
紅葉の名所○○を先生が案内していただきまして、心より感謝申し上げます」


 こちらもどの部分が誤りかは、言葉の不自然さでわかるものです。
「先生が案内していただいた」の部分が誤用で、正しくは次のどちらかの言い方になります。


A「先生案内してくださった
B「先生案内していただいた


 相手が「くれる」ということは、自分が「もらう」と同じ意味ですから、これらは「くれる」「もらう」の部分を敬語にした表現なのです。


A「先生案内してくれた」  
     ↓       
     ↓   「くれる」を尊敬語で表すと「くださる」となり 
     ↓
 「先生案内してくださった」 



B「先生案内してもらった」 
     ↓       
     ↓   「もらう」を謙譲語で表すと「いただく」となり
       ↓
 「私先生案内していただいた



 それぞれ尊敬語で表すか謙譲語で表すかの違いはありますが、意味は同じです。ここをうっかり、「先生案内していただきまして」などとしてしまいますと、おかしな表現になります。手紙などの文章だけではなく、話し言葉ではなおのこと、見落としやすい誤用のひとつです。
(*注:『ご案内してくださった』『ご案内していただいた』とするのも誤用。詳しくは→http://www.web-nihongo.com/wn/j_manner/12.html/


 敬語の意味を活かすためにも、よく使う「助詞」や「、」なども適切に使いこなしたいものですね。


第40回 「先生が案内していただきまして」?
井上明美プロフィール
トップページへ
▽コラム
はじめに
第 1回「手紙の役割・言葉の魅力」 (2011/04/18)
第 2回「浅い」と「深い」 (2011/04/25)
第 3回「つまらないもの」とは 1 (2011/05/23)
第 4回「つまらないもの」とは 2 (2011/05/31)
第 5回「するめ」と「あたりめ」 (2011/06/21)
第 6回「暑中お見舞い申し上げます」 (2011/07/04)
第 7回「お中元」は何月何日? (2011/07/14)
第 8回「賞味」と「笑味」 (2011/08/04)
第 9回「お休みをいただく」 (2011/08/30)
第10回「させていただきます」 1 (2011/09/20)
第11回「させていただきます」 2 (2011/09/30)
第12回「ご記入してください」をご確認ください (2011/10/14)
第13回 お名前・御芳名…「返信はがき」のマナー (2011/10/31)
第14回「被災地への年賀状は?」 (2011/11/15)
第15回 お歳暮のお礼状(次回から贈り物を辞退したいとき) (2011/12/07)
第16回「殿」と「様」は どちらが偉い? (2011/12/21)
第17回「ございます」と「いらっしゃいます」1 (2012/01/16)
第18回「ございます」と「いらっしゃいます」2 (2012/01/31)
第19回 気になる「お」とは (2012/02/15)
第20回「こだわり」の数々 (2012/02/29)
第21回「おうわさは伺っております」 (2012/03/15)
第22回「鈴木様はおられますか?」は誤用? (2012/03/30)
第23回 新緑の季節の通知・招待状 (2012/05/23)
第24回「利用」できるもの・できないもの (2012/06/29)
第25回「鈴木氏ら」にご賛同いただきました? (2012/07/31)
第26回「良薬はお口に苦し」「お膝が笑う」? (2012/08/31)
第27回 意味の似た言葉・響きの似た言葉 (2012/09/28)
第28回「祝電が参っております」 (2012/10/26)
第29回「部長、そろそろ参りましょうか?」は○?×? (2012/11/30)
第30回「ご出席されますか?」は正しい? (2012/12/28)
第31回「いただく」と「くださる」 (2013/01/31)
第32回「感動を与える」 (2013/02/28)
第33回「~してあげる」はだれからだれへ? (2013/03/31)
第34回 歌舞伎にまつわる言葉のいろいろ (2013/04/30)
第35回 「部長にご報告いたします」と「部長に報告いたします」 (2013/05/31)
第36回 「前線が通過いたします」はだれへの敬語? (2013/06/30)
第37回 「ご説明させていただく」は誤用? (2013/07/31)
第38回 「省略しても良いもの、悪いもの」 (2013/08/31)
第39回「お召しやすいコートとは?」 (2013/09/30)
第40回 「先生が案内していただきまして」? (2013/10/31)
第41回 最近よく耳にする「なので~」の使い方 (2013/11/29)
第42回 身近な「女房詞<ことば>」 (2013/12/27)