バックナンバー
第6回 クモが夢見たインターネット網(前編)

2015年6月17日 山根一眞

この世でもっとも強靱な糸

 本連載の第4回で、愛用のドイツの百科事典『Meyers Großes Konversations-Lexikon 1905』(メーヤーズ百科事典第6版、全20巻)について、「これはまるでタイムマシンだ」と紹介したが、その第4回の最後で、

 百科事典をパタンと閉じたところ、ぼろぼろの背表紙から小さなクモが飛び出してくる始末。
 と書いた。
110年前に出版された百科事典『Meyers Großes Konversations-Lexikon 1905』。かなり劣化が進んでいる。(写真・山根一眞)
ぼろぼろの百科事典の背表紙から出てきたクモ(写真・山根一眞)
 このクモ、時々見かけるクモだったが、どうしてこんな場所に棲んでいたのかちょっと気になった。そこで、尊敬するクモの研究者、池田博明先生(日本蜘蛛学会評議員)に伺ったところ、
「これは、ミスジハエトリ(Plexippus setipes KARSCH,1879)の幼体で、サイズからするとあと1~2回脱皮すれば成体になる」
など詳しく教えていただいた。
「ハエトリグモは乾燥に強いのでガラス製の管びんや試験管に綿栓をした程度の簡便な飼育容器で飼育できます。ただエサを与えないといけませんが、飼育びんにクモと同じ大きさかやや小さい程度のハエやカを与えます。ときどき水を与える必要があり(管びんの端に滴下すると飲みにきます)、また薄い砂糖水もエネルギー補給になります。ミスジハエトリは野外よりも屋内でよく発見されるハエトリグモです」
 日本には60科約1600種のクモがいるそうだが(ちなみに世界では115科、およそ4万5000種、すごい!)、池田先生は「日本ハエトリグモ研究センター」も主宰されていると知った。
 「クモは嫌い」という人も多いが、クモはとても身近な存在だ。我が家の猫の額ほどの庭でも、よく探したところ10種以上のクモが見つかった。高校の理科の先生として生物を担当していた池田先生によると、学校の校内だけで100種ものクモがいることがわかったという。数㎜という小さなモノが多いだけに、私たちはこのドラマチックなクモの世界が見えていないだけなのだ。
 糸で見事な網を作り獲物を獲る動物もクモのみだ。「嫌い」と言われることが多いその姿かたちだが、クモは生物の驚異的な機能や生態、進化を知る上でもきわめて興味深い存在なのです。しかも、日本のクモ研究は、世界でもトップ水準にあることは間違いないようだ。
 また、クモの「糸」はこの世に存在する「糸」でもっとも強靱であることから、各国がクモの糸の人工的な大量生産、工業利用に向けてしのぎを削っており、それが実現すれば強靱かつ軽量のエコ素材である炭素繊維の時代が終わる予感すらある。
第6回 クモが夢見たインターネット網(前編)
1   2   3

著者画像
著者プロフィール
山根 一眞(やまねかずま)
 ノンフィクション作家・獨協大学特任教授
 1947年、東京生まれ。獨協大学外国語学部ドイツ語学科卒。20代からジャーナリズムの仕事を開始。先端科学技術や情報分野、アマゾン環境問題など広いテーマで「謎」を追い求めてきた。NHK総合テレビでキャスターを7年こなし、北九州博覧祭では「ものつくりメタルカラー館」の、愛・地球博では愛知県の総合プロデューサーをつとめた。2009年から母校で経済学部特任教授として環境学や宇宙・深海、生物多様性などをテーマに教鞭もとっている。3.11で壊滅した三陸漁村・大指の支援活動も続けている。主な著書に単行本と文庫本25冊を刊行した「Made in Japan」を担うエンジニアたちとの対談『メタルカラーの時代』シリーズ(小学館)、『環業革命』(講談社)、『小惑星探査機はやぶさの大冒険』(マガジンハウス、東映で映画化)、『小惑星探査機はやぶさ2の大挑戦』(講談社)など多数。『日経ビジネスONLINE』では「ポスト3.11日本の力」「山根一眞のよろず反射鏡」を連載中、福島第一原発の廃炉技術も追い続けている。理化学研究所相談役、日本生態系協会理事、宇宙航空研究開発機構客員、福井県文化顧問、2018年国民体育大会(福井県)式典総合プロデューサーなど。日本文藝家協会会員。

山根一眞オフィシャルサイト
http://www.yamane-office.co.jp
バックナンバー