バックナンバー
第9回 幻の「東京ホテル」を探す地図の旅(後編)
2015年8月3日 山根一眞

ペンで日付が書かれた明治27年の領収書

 リサールがフィリピンで銃殺に処されたのは1896年(明治29年)だが、その前年、1895年(明治28年)の「改正實測東亰全圖」には、クリアに「東京ホテル」の名があった。
『改正實測東亰全圖』(1895年・明治28年)にも「東京ホテル」の名が!
 さらに、1897年(明治30年)の「東京一目新圖」では、「東京ホテル」の名称入りで、建物の絵も描かれていた(これも「ヘタウマ」だが)。
『東京一目新圖』(1897年・明治30年)の全図。
『東京一目新圖』に絵とともに記載されていた「東京ホテル」。
 ちなみに日比谷公園のあたりが空き地になっているのは、1903年(明治36年)の日比谷公園の開園に向けて工事が始まっていたからだろう。
 しかし、この1897年(明治30年)以降の明治期の地図5点には、もはや「東京ホテル」の名はなかった。
 リサールとおせいさんの愛のモニュメントは、リサールの死とともに消えていったことになる。どんな事情で、いつ、「東京ホテル」は消えたのだろう?
 もはや幻となった東京都心の小さなホテル。
 日比谷にあったそのホテルが消えておよそ120年、もはやその実態は1点の写真と3点の地図以外には空想でしかつかめない。
 私の「東京ホテル」を求める「調べもの」の旅も、そろそろ終止符を打つ時だと思っていた矢先のことだ。
 某所で、とんでもないものを入手してしまった。
 それは、ペン書きで1894年(明治27年)3月6日の日付が記され、1銭の証券印紙(後の「収入印紙」に相当)が貼られた小さな領収書だ。そこには、以下のような英文による住所と発行者名が印刷されていた。

  ’TOKYO HOTEL’
  N0.2, Sanchome, Yurakucho, Hibiya
1894年3月6日付の東京ホテルの領収書。(山根一眞所蔵)

 「東京ホテル」に4泊滞在したインド人の顧客が、宿泊料として17ドルを支払い受け取ったものという。1泊につき4ドル50セントの記載があるが4泊分なら18ドルのはず。なぜ1ドルの割引料金なのかはわからないが。支払いがドル建てというのにも驚いた。英文ばかりで記されていることから、「東京ホテル」は外国人専用のホテルだったのかもしれない。
 赤茶けた小さな領収書一枚にすぎないが、とてもモダンなTOKYO HOTELの英文字とも相まって、地図上の空想的な旅で探し続けてきた「東京ホテル」が、突然、実態をもって私の目の前に姿を現したのである。
 これが、「調べもの」。
 これが、「調べもの」の醍醐味。
領収書に印刷されていた東京ホテルのロゴ。
 幻の東京ホテルの場所がやっとわかった数日後、クルマで日比谷通りを走り日比谷交差点を抜けたところ、かつての東京ホテルの場所では大規模な再開発工事が始まっていた。これは、何なのだろう?
日比谷交差点の先、帝国ホテル手前の東の一角(右手が日比谷公園)で大規模工事が始まっていた。(写真・2015年7月25日、山根一眞)

2018年 日比谷が再び輝きだす
都心型スマートシティ ~国際ビジネス・芸術文化都心「日比谷」の街づくり~
「(仮称)新日比谷プロジェクト」着工

「(仮称)新日比谷プロジェクト」の計画図にかつて「東京ホテル」があったと思われる場所を重ねてみた。(元図出典:三井不動産)
 三井不動産が、「三信ビルディング」(1930年・昭和5年竣工)と「日比谷三井ビルディング」(1960年・昭和35年竣工)を取り壊した跡地で進めている再開発計画、「新日比谷プロジェクト(仮称)」とわかった。昨年末に東京圏で初の「国家戦略特区」の区域の認定を受け、今年の1月28日着工していたのだ。竣工予定は2018年1月末。
 ここは「三井ゆかりの地」であることから、「東京ホテル」もひょっとすると、三井財閥関係のゲストハウスだったのかもしれない・・・・・・。
 ホセ・リサールが「東京ホテル」に滞在したのは1888年。そのちょうど130年後に、「東京ホテル」があった場所は、まばゆいばかりの新街区となる。
 ここに、新しい時代にふさわしい、瀟洒でコンパクトな新たな「東京ホテル」を作ってほしいと願っているのは私だけでしょうね。
「東京ホテル」(写真左・国立国会図書館所蔵)があった土地はおよそ130年を経て東京で最も新しい街区になる(図右・出典:三井不動産)。「東京ホテル」は★のあたりにあったと思われる
<第9回了>
≪文中でご紹介したサイトへのリンク≫

「国際日本文化研究センター」トップページ

「国際日本文化研究センター/所蔵地図データベース」

「ジャパンナレッジ」トップページ

●次回は、8月17日に更新予定です。

【ご意見、感想をお寄せください】
○電子メール/kokugo@shogakukan.co.jp
○ツイッター/@web_nihongo
第9回 幻の「東京ホテル」を探す地図の旅(後編)
1   2   3

著者画像
著者プロフィール
山根 一眞(やまねかずま)
 ノンフィクション作家・獨協大学特任教授
 1947年、東京生まれ。獨協大学外国語学部ドイツ語学科卒。20代からジャーナリズムの仕事を開始。先端科学技術や情報分野、アマゾン環境問題など広いテーマで「謎」を追い求めてきた。NHK総合テレビでキャスターを7年こなし、北九州博覧祭では「ものつくりメタルカラー館」の、愛・地球博では愛知県の総合プロデューサーをつとめた。2009年から母校で経済学部特任教授として環境学や宇宙・深海、生物多様性などをテーマに教鞭もとっている。3.11で壊滅した三陸漁村・大指の支援活動も続けている。主な著書に単行本と文庫本25冊を刊行した「Made in Japan」を担うエンジニアたちとの対談『メタルカラーの時代』シリーズ(小学館)、『環業革命』(講談社)、『小惑星探査機はやぶさの大冒険』(マガジンハウス、東映で映画化)、『小惑星探査機はやぶさ2の大挑戦』(講談社)など多数。『日経ビジネスONLINE』では「ポスト3.11日本の力」「山根一眞のよろず反射鏡」を連載中、福島第一原発の廃炉技術も追い続けている。理化学研究所相談役、日本生態系協会理事、宇宙航空研究開発機構客員、福井県文化顧問、2018年国民体育大会(福井県)式典総合プロデューサーなど。日本文藝家協会会員。

山根一眞オフィシャルサイト
http://www.yamane-office.co.jp
バックナンバー