バックナンバー
第12回 発掘!「福井恐竜学」の現場
2015年9月24日 山根一眞

日本で出た恐竜化石の8割が福井県産

 日本では長いこと「恐竜の化石はない」と言われてきた。
 私にとっての恐竜は、子供時代に繰り返し眺めていた図鑑の中か、幼稚園時代から(父に連れられて)何度も訪ねた東京・上野の国立科学博物館の正門外に展示してあった(野ざらしの)首も尾も長い巨大恐竜、ブロントサウルスの像のイメージしかなかった(国立科学博物館からそれが撤去されたのは、後年、ブロントサウルスは独立種ではないと断定され幻の恐竜となったたからか?)。
 明治学院中学校に入学後、地質調査や化石採集に没頭するようになってからも、地学指導の高橋登先生からは、「日本に恐竜の化石は出ない」と聞かされていた。
 当時、ゴビ砂漠での恐竜化石発掘のわくわく物語を読み、日本もユーラシア大陸の一部なら恐竜がざくざく出るだろうになぁと、一度はゴビ砂漠に行きたいと思い続けていた。
 ちなみに、そのゴビ砂漠での恐竜発掘のわくわくストーリーを描いた名著『恐竜探険記』(R・C・アンドリュース著、小畠郁夫・訳と解説、1994年刊)は、小学館発行の「地球人ライブラリー」の一冊に入っています<編注:現在、品切れ重版未定。電子書籍版も未発売です>
 「日本では出ない」はずの恐竜化石が続々と発見されるようになる時代は、思いがけない幕開けで始まった。
 1980年代に入り福井県で中生代の動物化石(ワニ類)が発見されたことから恐竜の化石も出るのではないかと考えていたのが、当時、福井県立博物館の学芸員だった東洋一(あずまよういち)さんだ。県立博物館で地質・古生物を専門とする学芸員は東さん一人だけだったという。
 そして1982年、福井県鯖江市の中学生の少女が中生代白亜紀の「手取層群」の岩石のかけらの中に見つけた小さな化石が、恐竜の一部と判明する。その鑑定に貢献したのが東さんだった。
 東さんはこの発見によって「手取層群」(中生代のジュラ紀半ば~白亜紀半ば、約1億5000万~1億2000万年前)には恐竜化石が大量に眠っているはずと確信。県を説得し1989年から大規模発掘調査を開始、今日まで「掘れば恐竜が出る」状態が続き、福井は「恐竜王国」と呼ばれるようになる。これまで日本で産出した恐竜化石の8割が福井県産なのだから。
 恐竜博物館が開館する前、福井県立博物館は福井市内にあったが、博物館内の恐竜に関する展示は隅の方にごくわずかのみの淋しさだったことが忘れられない。
 あれから20年、膨大な標本展示と大学の研究所を上回ると思わせる学術水準体制を持つ現在の福井県立恐竜博物館への発展は、東さんの信じがたいほどの努力が大きい(4種の新種の恐竜の学名にはいずれも東さんの名が入っている)。先回とりあげた長崎県でのティラノサウルス科の恐竜の歯の化石の発見も、福井県立恐竜博物館の研究者によるもので「福井恐竜学」の水準の高さを物語る。
2014年8月、福井県立恐竜博物館に東特別館長を訪ねた時の様子。(写真・山根事務所)
 もっとも「手取層群」は、岐阜県、石川県、そして富山県にも続いているので、各県でも大量の恐竜化石が出るはずだ。しかし福井県のみが「恐竜王国」と呼ばれているのは、恐竜発掘や研究が熱心に進められてきたからだ。それは、恐竜博物館を新設するなど恐竜研究に大きな予算を投じてきた「県」の英断ゆえでもある。
 福井駅前でいささかこけおどし風に恐竜が来県者を出迎えるのは、理由あってのことなのだ。
 恐竜化石は福井県以外でも続々と発見される時代が到来、今や日本は世界有数の恐竜化石の産地になりつつある。それは、なぜなのか?
 初代の福井県立恐竜博物館館長で地質・古生物学者の濱田隆士さん(2011年没)はこう語っていた。
 「山根さん。地質学者、古生物学者であっても、恐竜はいないという思い込みがあったので、たとえ恐竜の化石を目にしても、それが恐竜には見えなかったんです。しかし、あるとわかってからは、次々と目に止まるようになったんですよね」
 これは大事な教訓だなあぁと思う。
 あるこり固まった先入観があると、目の前にしていながら「そこにあるもの」が認識できず、理解ができないのだ、と。
 徹底した「調べもの」の意味もそこにある。
 先入観を捨て、既存の情報に惑わされず、調べたいことを自分の眼で、自分の手で探し続ける、それが思いもかけない発見をもたらすのだから。
 ということを知ると、恐竜化石の発掘現場に立ち合いたいという思いにかられるだろう。だいじょうぶ、それも可能なのだから(いくら時間があっても足りません!)。
 恐竜博物館から近い勝山市北谷という山間部で続けてきた大規模発掘現場はかつて立入禁止だったが、2014年、その発掘現場がある谷の対岸の斜面に「野外恐竜博物館」がオープンしたからだ。
 ここからは大規模発掘調査中であれば、重機を使って谷の向かい側で山の斜面を大きく削っている発掘現場が望めるだけでなく、発掘恐竜化石が展示されたミニ恐竜博物館もある。
 さらに、その崩した岩石の一部を大きな砂場風に広げ並べた「化石発掘体験広場」も設けられている。親子でハンマーを振り下ろして岩石を割り、化石を探すことができるのだ。小さな貝や植物化石は比較的簡単に見つかるが、恐竜の一部が見つかる可能性もある(恐竜博物館の敷地内にも恐竜化石の発掘体験広場があるが、ここで子供が恐竜化石を発見、恐竜の皮膚化石を見つけた女性もいたのだから)。
野外恐竜博物館と内部展示。(写真・山根一眞)
野外恐竜博物館から見ることができる発掘現場「北谷」。重機を使った大規模発掘の時期は年度によって異なるが、発掘を担う全国の若い大学研究者たちの夏休み中に実施される。今年の発掘は終了した。(写真・山根一眞)
化石発掘の体験をする子供たち。(写真・山根一眞)
 もっともここへ行くには、恐竜博物館発の専用バスによるツアーを申し込まねばならない。
 恐竜博物館の本体自体、夏休み中は入場チケット売り場でさえ30分待ちという行列ができるほどで、この「野外恐竜博物館」ツアーも厳しい競争率。それだけに、福井の恐竜を訪ねる旅はむしろこれからのシーズンが好機です。
第12回 発掘!「福井恐竜学」の現場
1   2

著者画像
著者プロフィール
山根 一眞(やまねかずま)
 ノンフィクション作家・獨協大学特任教授
 1947年、東京生まれ。獨協大学外国語学部ドイツ語学科卒。20代からジャーナリズムの仕事を開始。先端科学技術や情報分野、アマゾン環境問題など広いテーマで「謎」を追い求めてきた。NHK総合テレビでキャスターを7年こなし、北九州博覧祭では「ものつくりメタルカラー館」の、愛・地球博では愛知県の総合プロデューサーをつとめた。2009年から母校で経済学部特任教授として環境学や宇宙・深海、生物多様性などをテーマに教鞭もとっている。3.11で壊滅した三陸漁村・大指の支援活動も続けている。主な著書に単行本と文庫本25冊を刊行した「Made in Japan」を担うエンジニアたちとの対談『メタルカラーの時代』シリーズ(小学館)、『環業革命』(講談社)、『小惑星探査機はやぶさの大冒険』(マガジンハウス、東映で映画化)、『小惑星探査機はやぶさ2の大挑戦』(講談社)など多数。『日経ビジネスONLINE』では「ポスト3.11日本の力」「山根一眞のよろず反射鏡」を連載中、福島第一原発の廃炉技術も追い続けている。理化学研究所相談役、日本生態系協会理事、宇宙航空研究開発機構客員、福井県文化顧問、2018年国民体育大会(福井県)式典総合プロデューサーなど。日本文藝家協会会員。

山根一眞オフィシャルサイト
http://www.yamane-office.co.jp
バックナンバー