バックナンバー
第3回 図書館で語った「図書館」
2015年4月6日 山根一眞

給料ひと月分の『大辭典』で調べてみた

 ここでもう一冊の愛用の辞典で「圖」を調べてみた。
 『大辭典』(平凡社)だ。

 1936年(昭和11年)に全26巻、1万6800ページからなる当時最大の辞典として出版。総項目数は72万語にのぼる。もっとも26巻の再版は大変だったからだろう、平凡社は全26巻を2冊にした縮刷版を40年以上前の1974年(昭和49年)に出版、発売したのだ。
 価格は約6万円。当時、まだ駆け出しのもの書きだった私は基本資料としてどうしてもほしかったが、この価格はほぼ当時の大学卒初任給(6万7400円・厚生労働省データ)だった。2014年の大学卒初任給は20万6258円(「労政時報」による)なので、『大辭典』は今なら20万円近い高価本だったことになる。そこで、ローンを組んで入手を果たしたのだ(現在2セットを保有)。
 この縮刷版はA4サイズの1ページに4ページ分をおさめるという、まぁあきれるほど無茶苦茶な縮小率であるため、肉眼ではほぼ閲覧困難という前代未聞の辞典なのだ。そのためこの2冊セットの箱の上部の引き出しには付録の拡大鏡が用意されていて、「それで読め」というのにはびっくりだった。その拡大鏡、昨今のちゃちなプラスチック製拡大鏡とは雲泥の差のしっかりしたガラスレンズ入りの大型サイズで、じつはこれも魅力だった。

『大辭典・縮刷版』(平凡社、1974年刊)の縮小された1ページ。現在も購入可能のようだ。

 各項目には、その言葉が記された多種多様の書籍や文献での用例がじつに豊富であるため、字源、語源を幅広く知るにはなんともありがたいため現在も愛用しているのです。
 その『大辭典』で「圖」を引いてみると、やはり「図面」などの意味の前に「計画の難しさ」を意味していたといった説明が存分に記してあった(国家の経済基盤=食糧の確保のための政策の困難さ、という意味だろう)。
 さらに、あちこちの辞書、辞典をひっくり返し、最後に再び「ジャパンナレッジ」に戻り、『字通』(白川静著)で「圖」を調べると、これまた「圖」の背景などが詳しく記されていてとても興味深かった。『字通』の説明はかなり読みにくいのだが、あちこちの辞書、辞典をつまみ食いしてきたからこそ、『字通』の説明もわかりやすく頭に入ったのでした。
 『字通』では、「図=圖」の訓義をこうまとめている。

[1]ず、ちず。
[2]はかる、考える、計画する、経営する。
[3]え、えがく、うつす。
[4]書物、図書。
[5]度と通じ、のり、法度。

 「図書館」の「書」も同じように、各種辞書、辞典で調べたところ、「書」は「聿」と「日」に分解できるが、「聿」は「筆」のかたちと「手」を組み合わせた字とわかった。「日」は太陽を意味するのではなく、ここでは「者」を略したものという。確かに「者」には「日」が入っている。
 つまり「書」は、<「人」+「手」+「筆」>による行為を意味し、それによる産物=書物や書冊、筆跡を意味するようになったようだ。
 白川静さんは、漢字に潜んでいる宗教的な世界を解き明かした独自の業績で知られるが、この「書」にも興味深い記述があるので、読んでいて楽しい。それらの白川学説も込めて、「書」の訓義を以下としている。

[1]かく、しるす、呪禁としてしるした神聖な文字。
[2]ふみ、書冊、文章。
[3]文字、かきかた、筆跡。
[4]てがみ、たより。

 「書」に「神聖な文字」といった意味が込められているのは、文字や書物がかつてはごく一部の限られた「権力者=呪術力を持つ者」の独占物だったことに由来するのかもしれない。

 最後に、「図書館」の「館」を調べた。

 「図」や「書」と同じように「ジャパンナレッジ」や『大字典』、『大辭典』、などで「館」を括ったところ、「館」の語源は「客舎」、「旅舎」、「仮寓の屋舎」という。「旅館」の「館」はこの字源に近い使い方ということになる。その意味が派生して、「役所」や「学校」、「図書館」など公的な建物を意味する字となったのだ。

 以上を私なりにまとめると、「図」「書」「館」は以下となる。

 図=画像で記した記録

 書=文字で記した記録

 館=自宅以以外の居所

 結論。図書館とは、画像や文字記録が集められ利用できる自宅以外のモバイルスペースのことである(ありきたりの結論ではあるが)。

 ちなみに「ジャパンナレッジ」の『日本国語大辞典』では、「図書館」は、明治期には「ずしょかん」と呼ばれていたと記している。

 (1)幕末明治初期には、「文庫」「書院」「書庫」「書物庫」「書室」「便覧所(安中藩)」などの語が見える。明治一〇年(一八七七)代には、「書籍館(しょじゃくかん)」と呼ぶのが普通で、「図書館」が用いられるようになるのは明治二〇年代以降。

 (2)当初、読みは「ずしょかん」「としょかん」の二通りがあり、もっぱら「としょかん」というようになるのは大正(一九一二~)以後。

 「ず」+「しょかん」の方が、わかりやすかったな、と、思うのだが。







第3回 図書館で語った「図書館」
1   2   3

著者画像
著者プロフィール
山根 一眞(やまねかずま)
 ノンフィクション作家・獨協大学特任教授
 1947年、東京生まれ。獨協大学外国語学部ドイツ語学科卒。20代からジャーナリズムの仕事を開始。先端科学技術や情報分野、アマゾン環境問題など広いテーマで「謎」を追い求めてきた。NHK総合テレビでキャスターを7年こなし、北九州博覧祭では「ものつくりメタルカラー館」の、愛・地球博では愛知県の総合プロデューサーをつとめた。2009年から母校で経済学部特任教授として環境学や宇宙・深海、生物多様性などをテーマに教鞭もとっている。3.11で壊滅した三陸漁村・大指の支援活動も続けている。主な著書に単行本と文庫本25冊を刊行した「Made in Japan」を担うエンジニアたちとの対談『メタルカラーの時代』シリーズ(小学館)、『環業革命』(講談社)、『小惑星探査機はやぶさの大冒険』(マガジンハウス、東映で映画化)、『小惑星探査機はやぶさ2の大挑戦』(講談社)など多数。『日経ビジネスONLINE』では「ポスト3.11日本の力」「山根一眞のよろず反射鏡」を連載中、福島第一原発の廃炉技術も追い続けている。理化学研究所相談役、日本生態系協会理事、宇宙航空研究開発機構客員、福井県文化顧問、2018年国民体育大会(福井県)式典総合プロデューサーなど。日本文藝家協会会員。

山根一眞オフィシャルサイト
http://www.yamane-office.co.jp
バックナンバー