バックナンバー
第6回 クモが夢見たインターネット網(前編)
2015月6月17日 山根一眞

クモはみんな口から糸を吐くのか?

 古本に虫の死骸が挟まっているということ自体珍しいのに、よりにもよって「クモのぺージ」に「本物のクモ」が貼り付いていたのだ。
 編集者が、あるいはこの百科事典のかつての所蔵者であった祖父が、わざわざ貼り付けるはずもない。1905年に出版されて以降、今日までの110年の間のいつか、このクモは何かの拍子にこの百科事典に紛れ込み、挟まれて今日にその姿を遺したことになる。それも、よりによってクモの図版のページに、だ。
 まったくもって「事実は小説より奇なり」、古い本を開いていて、これほど不思議なできごとに遭遇したことはない。
 クモの図ページに遺骸を遺していたクモを眺めつつ、いったいこのクモの種類は何で、また、どこで挟まれたのかを調べたくなった。
 早速、このクモの遺骸をスキャンしてみたところ、ある程度かたちを残していることがわかった。そこで、これも池田先生のお知恵を借りることにし、超拡大スキャン画像を送りました。
 池田先生からは、すぐに返信があった。
 古い頁からつぶれて発見されたクモはユカタヤマシログモだと思われます。脚の文様とサイズ、屋内性のクモという状況証拠から判断しました。ユカタヤマシログモは英国にも生息する汎世界的な分布をするクモで、屋内性です。他のクモが糸を糸いぼから出すのに対して、このクモは糸を口から吐きます。頭胸部のなかに毒腺が変化した吐糸腺を持っていて糸を吐きかけます。
 
 池田先生からは、先生が撮影されたユカタヤマシログモの写真が添付されていた。
 なーるほど、脚の文様が確かに同じだわ。
 それにしても、ほとんどつぶれていたクモの遺骸なのに、脚の模様を見るなり世界4万5000種のクモのどれかがわかってしまうって、驚愕です。
ユカタヤマシログモ。(写真提供:池田博明氏)
 これも偶然だが、池田先生は、最近、ユカタヤマシログモについて一文を記したところだったという(池田博明『クモ学セミナー第1回 ユカタヤマシログモの吐糸説』(2014年11月25日、日本蜘蛛学会「遊絲」第35号収載)。
 早速、それを読ませていただいたのだが、ユカタヤマシログモ( Scytodes thoracica LATREILLE,1804)は、何とも不思議なクモなのだ。
 「クモは糸を吐く」と、私たちは漠然とこの言葉を使ってきたが、「吐く」とは通常、「口」から何かを吹き出すことを意味する。しかしクモは「口」からではなく、後腹部や尻に近いところにある「糸疣」(いといぼ、「クモイボ」ということばもあるが、それは俗称)という器官(それも1つではない)から糸を噴射する。
 数年前、福井県を訪ねたときにあまりにも鮮やかな虎のような柄の大きなクモを見つけて感銘、東京に持ち帰り飼育したことがある。
 エサにコオロギを与えたところ、網にからまったコオロギに向けて糸を噴射してぐるぐる巻きにしたのだが、その様子を見て驚いた。クモはコオロギにお尻を向けて糸を少なくとも2か所から噴出していたのだ(存分に食事をした「ナガコガネグモ」は、なんと「子」を200匹も産んでしまったので、あとの世話を池田先生にお願いしたのでした)。
福井県で採集、飼育中のナガコガネグモが獲物をとらえるため糸を噴出する様子。左・糸は数十本まとめて出ている。右・糸の噴出はこの写真では3か所の「糸疣」から出ているように見える。(写真・山根一眞)
 クモが糸を何本も束で噴射する様は、歌舞伎の『蜘蛛の拍子舞』や能の『土蜘蛛』などの舞台での糸噴出の演技を思い起こさせた。
 昔の人はクモをよーく観察して、こういう舞台演出を創り出したのだな、と(ちなみに、あの舞台用のクモの糸を投げかける小道具、売っているんですよね。買いたくなった……)。
壬生狂言の『土蜘蛛』の1シーン。出典:京都芸術劇場
 実際のクモが糸いぼから一度に噴出する糸は60~80本くらいらしいが、舞台演出では手で投げかけるので、何となく糸を「吐く」のが口からと思い込んでいたのだ。
 ところが池田先生の『ユカタヤマシログモの吐糸説』によれば、ユカタヤマシログモはクモの中で唯一、「口から糸を吐く」のだ。
 送っていただいた植村利夫氏の古い論文『口から絲を吐き出す蜘蛛』(日本蜘蛛学会誌「Acta Arachnologica・6巻3号」1939年、昭和14年)には、3年前の1936年(昭和11年)に発表された『ユカタヤマシログモの粘液射出に關する報告』(小松敏宏)に対する反論、そして「大発見」が記されている。

「私は、小松氏の観察を訂正する一大事件を発見した。それは、小松氏が述べているように(噴出後に糸になる)粘液は蛛疣(クモイボ)より射出するものではなく、実に口から発射されるという一事である。これは、学会を驚嘆させるに足る大事件であると思われる」 

 この論文は「論文」らしからぬ熱に満ちた跳ねた文章が続いており、何とも楽しい。
 植村氏は、この発見にいたるまでの観察の苦労の末に「口から射出」を確認したことについて、「私は魂を奪われた」と表現。その観察の経緯では、「あわやと思って固唾を飲む」「寸秒も早く魔液を発射」「彼は魔術を使うとしか思われない」「私は躍動する心臓の鼓動を制しながら」などの過激な表現が続き、最後にこう締めくくっている。
 今まさに、ユカタヤマシログモは正しくその怪物の土蜘蛛であることを発見し、こういう怪物が実際に存在したことに対して、一大驚異を感じている次第である。(昭和14年8月25日稿)
 それにしても1939年、昭和14年という年は、世界が大きな戦争に突入していったとんでもない年だ。植村氏がこの論文を記したちょうど1週間後に第2次世界大戦が勃発しているのである。
 日本では前年に国家総動員法が出され、日本軍は中国進出を加速。
 そういう時代にあってユカタヤマシログモの大発見に興奮を禁じ得ない科学者がいたことを思うとき、平和とはこういうことなのだという思いを新たにする。
 戦争の多くは他国への侵略と領土拡大が目的だが、それがもたらす結果は大きな不幸ばかりだ。一方、科学が目指す目的は未踏の知識世界への進出と拡大で、それがもたらすものは発見の喜びと新しい知を世界の人々が感動をもって共有する幸せなのだから。
 ちなみに、「学会を驚嘆させるに足る大事件」というユカタヤマシログモの「口から糸を噴出」の大発見だが、池田先生の解説ではさらりとこう述べているのです。
 イタリアのモンテロッソがユカタヤマシログモの習性を観察・報告したのは1928年ですが、報文がイタリア語なので(日本では)知られていなかったのでしょう。さらに、英国のブリストーも1931年に報告しています。
 あれま。口から糸を吐くことは8~11年前に世界では報告されていたのだ。
 しかもその英語名は「Spitting Spider=ツバを吐く」
 日本の研究者ではまだその観察・確認がされていなかったこと、当時は世界の研究成果の情報が自由に入手できなったことなどが植村氏をして、その発見を「学会を驚嘆させるに足る大事件」と思い込ませてしまったのだろう。
 あらゆる文献が即座に検索できる「クモの網ネットワーク」インターネットがなかった時代ゆえの、ちょっと悲しい物語ですね。
 なお、4万5000種という世界のクモの中でも、口から糸を吐くクモはヤマシログモ属(世界では140種が記録されている)だけで、日本ではヤマシログモとクロヤマシログモ、そしてユカタヤマシログモの3種のみだそうです(新海栄一『日本のクモ』(文一総合出版、2006年による)。
 ちなみに池田先生は、『クモのはなしⅡ』(梅谷献二、加藤輝代子編著、技報堂出版、1989年刊)に収載されている「ユカタヤマシログモの投網」という9ページにわたる文章の中で、小松敏宏氏、植村利夫氏によるユカタヤマシログモの研究成果の経緯を詳しく書かれていて、楽しいです。
 と、ミスジハエトリやユカタヤマシログモの「調べもの」を通じて多くのことを学んだのだが、私としてはこれで終わりではすまなかったのです。<第6回了(次回「後編」に続く)>
●次回は、7月6日に更新予定です。
【ご意見、感想をお寄せください】
○電子メール kokugo@shogakukan.co.jp
○ツイッター @web_nihongo
○Facebookページ https://www.facebook.com/webnihongo
第6回 クモが夢見たインターネット網(前編)
1   2   3

著者画像
著者プロフィール
山根 一眞(やまねかずま)
 ノンフィクション作家・獨協大学特任教授
 1947年、東京生まれ。獨協大学外国語学部ドイツ語学科卒。20代からジャーナリズムの仕事を開始。先端科学技術や情報分野、アマゾン環境問題など広いテーマで「謎」を追い求めてきた。NHK総合テレビでキャスターを7年こなし、北九州博覧祭では「ものつくりメタルカラー館」の、愛・地球博では愛知県の総合プロデューサーをつとめた。2009年から母校で経済学部特任教授として環境学や宇宙・深海、生物多様性などをテーマに教鞭もとっている。3.11で壊滅した三陸漁村・大指の支援活動も続けている。主な著書に単行本と文庫本25冊を刊行した「Made in Japan」を担うエンジニアたちとの対談『メタルカラーの時代』シリーズ(小学館)、『環業革命』(講談社)、『小惑星探査機はやぶさの大冒険』(マガジンハウス、東映で映画化)、『小惑星探査機はやぶさ2の大挑戦』(講談社)など多数。『日経ビジネスONLINE』では「ポスト3.11日本の力」「山根一眞のよろず反射鏡」を連載中、福島第一原発の廃炉技術も追い続けている。理化学研究所相談役、日本生態系協会理事、宇宙航空研究開発機構客員、福井県文化顧問、2018年国民体育大会(福井県)式典総合プロデューサーなど。日本文藝家協会会員。

山根一眞オフィシャルサイト
http://www.yamane-office.co.jp
バックナンバー