バックナンバー
第8回 幻の「東京ホテル」を探す地図の旅(前編)
2015年7月21日 山根一眞

今昔を比較できる地図サイトを発見!

 ここで思い出したことがあった。
 かなり以前だが、日本最大の辞書・事典サイト「ジャパンナレッジ」にいくつかの地図データがあり、その中に、現在の地図を表示したあと、クリックすると明治期や江戸期のまったく同じ場所の地図が表示され、新旧の地図が比較できるサービスがあった。
 私の生家は東京・東中野だが、祖先がここに住んで400〜500年になると聞いていた。そこでこの新旧地図で調べたところ、多くの発見があったことを思い出したのだ。ところが、その新旧比較地図のサービスはなくなっていた。
 あのような新旧地図を比較できるサービスがないかをネットで検索したこところ、「時系列地形図閲覧ソフト・今昔マップ2」というものが見つかった。
 地域の過去を知るには地形図を見るのが一番です。このソフトを使えば、首都圏、中京圏、京阪神圏、札幌、仙台、広島、福岡・北九州、岩手県・宮城県・福島県の海岸部の明治・大正以降現在まで、地形図を使って変化を見ることができます。収録した旧版地形図は、1,759枚にのぼります。
 おお、これはすばらしい!
 だが、こう記してあった。

 「今昔マップ2」は開発を終了しました。
 ダウンロード・インストールは可能ですが、今後の更新の予定はないので、「今昔マップ on the web」サイトをご利用ください。

 ダメかと思ったが、どうやらウェブ上では使えるらしい。
 この"古今比較地図"の開発者は、埼玉大学教育学部の谷謙二さん(人文地理学研究室)だ。
 こういうものを創作したとは、何ともえらい!
「今昔マップ on the web」のホームページ。
 早速その地図サイトで「首都圏編」をクリックし、日比谷界隈を検索してみよう。
 
 だが、あれま。用意してある比較地図は「1896〜1909年」から「1998〜2005年」までの9点と「(国土)地理院地図」の10点で、1868年(明治元年)から28年間の地図はないのだ。リサールが「東京ホテル」に滞在したのは1888年なのだが、記載されているだろうか?
「今昔マップ on the web」で明治期(1896-1909)の日比谷を表示。
 いちおう「1896〜1909年」をクリックしてみたが、やはり日比谷界隈に「東京ホテル」の名はなかった。
 この比較地図の「古」の方は、明治期では「1/20,000地形図」(現・国土地理院)をもとにしている。つまり「地形」の比較はできるが「施設」の盛衰はわからないという理由もありそうだ。
 この「今昔マップ」のサイトには、こんな説明もあった。
 2画面表示時の右側に表示できるデータは、今昔マップ収録データセットのほかに、外部のデータを含んでいます。
 その「外部のデータ」の一つに「歴史的農業環境WMS配信サービス(関東平野)」というものがあり、気になった。
第8回 幻の「東京ホテル」を探す地図の旅(前編)
1   2   3

著者画像
著者プロフィール
山根 一眞(やまねかずま)
 ノンフィクション作家・獨協大学特任教授
 1947年、東京生まれ。獨協大学外国語学部ドイツ語学科卒。20代からジャーナリズムの仕事を開始。先端科学技術や情報分野、アマゾン環境問題など広いテーマで「謎」を追い求めてきた。NHK総合テレビでキャスターを7年こなし、北九州博覧祭では「ものつくりメタルカラー館」の、愛・地球博では愛知県の総合プロデューサーをつとめた。2009年から母校で経済学部特任教授として環境学や宇宙・深海、生物多様性などをテーマに教鞭もとっている。3.11で壊滅した三陸漁村・大指の支援活動も続けている。主な著書に単行本と文庫本25冊を刊行した「Made in Japan」を担うエンジニアたちとの対談『メタルカラーの時代』シリーズ(小学館)、『環業革命』(講談社)、『小惑星探査機はやぶさの大冒険』(マガジンハウス、東映で映画化)、『小惑星探査機はやぶさ2の大挑戦』(講談社)など多数。『日経ビジネスONLINE』では「ポスト3.11日本の力」「山根一眞のよろず反射鏡」を連載中、福島第一原発の廃炉技術も追い続けている。理化学研究所相談役、日本生態系協会理事、宇宙航空研究開発機構客員、福井県文化顧問、2018年国民体育大会(福井県)式典総合プロデューサーなど。日本文藝家協会会員。

山根一眞オフィシャルサイト
http://www.yamane-office.co.jp
バックナンバー