バックナンバー
第13回 鳥と恐竜のミッシングリング(前編)
2016年4月13日 山根一眞

北谷で大発見の「新種の恐竜」

 2016年2月26日の午後、東洋一特別館長から心待ちにしていた報せが届いた。
 
「おかげさまで漸く勝山5番目の恐竜の論文が出版されました。本日記者発表しました」
 2007年8月に勝山市の北谷で小型獣脚類の化石が発見され、その研究解析が続いていたのだが、やはり「新種の恐竜」だった!
 「フクイベナートル・パラドクサス」(Fukuivenator paradoxus)という学名も認められ、2月23日に英国の権威ある科学誌『Scientific Reports』(オンライン版)に発表されたのだ。
[論文のタイトルは『コエルロサウルス類のモザイク進化を際立たせる、日本の白亜紀前期から発見された奇妙な獣脚類』。著者は、東洋一(福井県立大学特任教授・福井県立恐竜博物館特別館長)、徐星(中国科学院古脊椎動物・古人類研究所教授)、柴田正輝(福井県立大学講師・福井県立恐竜博物館研究員)、河部壮一郎(岐阜県博物館学芸員)、宮田和周(福井県立大学准教授・福井県立恐竜博物館主任研究員)、今井拓哉(福井県立恐竜博物館古生物学研究職員)の6名]
「フクイベナートル・パラドクサス」という学名の意味だが、すぐラテン語辞書で調べたところ、「ベナートル」は「猟師」、「パラドクサス」は「逆説」だが、福井県立恐竜博物館は「狩人」という日本語を使い、福井産の「逆説の狩人」にしたという。なかなか味のある命名です。「逆説」は、この時代の恐竜としては、肉食から草食への移行段階の種であることなども含め、いくつかの意外な特徴を持っていることからつけられたようだ。
 この小型獣脚類の化石は、勝山市北谷の白亜紀前期(約1億2000万年前の地層、手取層群赤岩亜層群北谷層)で発見されたが、恐竜の進化系統図の空白部分の一部を埋めるものという意義がきわめて大きい。「フクイベナートル・パラドクサス」は「羽毛恐竜」であり、恐竜から鳥への進化の中間に位置する存在として、明らかにされていなかった部分が多い進化の線路の一部がつながった点が超凄いのだ。
 鳥への進化を物語るとされる「羽毛恐竜」の化石はきわめて希少なもので、産地も限られていた。私は、そんな恐竜化石が日本で発見されるはずなどないと思いつつ、勝山市の恐竜化石産地「北谷」を訪ねたのは8年半前の2007年8月4日のことだった。当時「北谷」は非公開で立入禁止だったが(現在は「屋外恐竜博物館」として予約見学が可能)博物館の研究者に案内していただき、採掘現場の隅っこで、持参した愛用の岩石用ハンマーを振り下ろしたりしたのだが……(当然ながら簡単には見つかりませんです)。
勝山市の北谷が日本最大の恐竜化石産地になったのは福井県が重機を用いる大規模な作業を計画的に続けているからだ。8年半前の訪問時の写真。
写真は2007~2010年に行われた第三次恐竜化石発掘調査だが3000点を超える標本を発見。後に「フクイティタン・ニッポネンシス」と学名がつけられた竜脚類の骨格化石もこの時に得ている。同じ場所で2015年夏に始まった第四次恐竜化石発掘調査は2016年度まで。
北谷での古生物の化石採集が夏に行われるのは、全国から集まる大学生や大学院生が作業に参加できる夏休み中の期間に合わせるためだ。
 ところがその18日後、とんでもない大発見があったのだ。
 日本初となる「羽毛恐竜」と「思われる」化石が出たのだ。これには、びっくりした。
 もっとも化石となった骨は岩石の中にあるため、その骨などを取り出すためには、慎重で時間をかけたクリーニング作業が必要だ。やっとその恐竜化石の全貌が披露されたのは、発見から2年7ヶ月が過ぎた2009年3月18日だった。

「羽毛恐竜」である可能性が濃い

 その記者発表の会見場に駆けつけたが、新聞やテレビの報道陣にまじり10人の勝山市の小学生記者たちも混じる熱気あふれるものだった(博物館通い50回という学習経験ゆえか小学生記者の質問が一番よかった)。
2009年3月18日、福井県立恐竜博物館での小型獣脚類の全身骨格についての記者発表。
2009年3月18日、福井県立恐竜博物館で公開された小型獣脚類の骨格化石。(撮影:山根一眞)
 東洋一副館長(現・特別館長)は、推定体長1.7 m(後に2.3mと判明)というこの小さな恐竜についてこう語っていた。
 「2足歩行の肉食恐竜、小型獣脚類の新種であることは間違いなく、羽毛恐竜と考えられます」
 羽毛恐竜とすれば、福井県立恐竜博物館始まって以来の大発見となる。
 白亜紀の前期、地球の気温は徐々に低下していたため、恐竜は保温のために体を羽毛で覆う進化を始めていたとされる。その羽毛のおかげで地上走行中に若干の浮力をもつようになり、やがてムササビのように滑空し、さらなる羽毛の進化によって原始的な鳥へと進化したと考えられている。
 恐竜から鳥への進化は、
 「恐竜→羽毛恐竜→原始的な鳥である始祖鳥→現在の鳥」
 という道をたどったと考えられてきたが、「羽毛恐竜→始祖鳥」の部分の「ミッシングリンク」はまだ十分には解明されていない。そのため、福井で発見された羽毛恐竜と思われる小型獣脚類の発見は、「恐竜→鳥」の進化史の解明に一石を投じる重要な発見になるかもしれないと期待された。
 またこの化石では、かつて例がないほどほぼ完全なかたちで脳をおさめる脳函と呼ぶ骨が残されていた。東洋一さんは、「この脳函をCTスキャナーで詳しく調べることによって、この恐竜の脳のどの部分が進化していたかを調べたい」と、話していた。
 鳥は、飛翔するために視覚中枢の肥大化や内耳の蝸牛管が発達しているそうだが、それと同じことが見いだせれば「飛ぶ能力」を持っていたことが立証できるだろう、と。
第13回 鳥と恐竜のミッシングリング(前編)
1   2   3

著者画像
著者プロフィール
山根 一眞(やまねかずま)
 ノンフィクション作家・獨協大学特任教授
 1947年、東京生まれ。獨協大学外国語学部ドイツ語学科卒。20代からジャーナリズムの仕事を開始。先端科学技術や情報分野、アマゾン環境問題など広いテーマで「謎」を追い求めてきた。NHK総合テレビでキャスターを7年こなし、北九州博覧祭では「ものつくりメタルカラー館」の、愛・地球博では愛知県の総合プロデューサーをつとめた。2009年から母校で経済学部特任教授として環境学や宇宙・深海、生物多様性などをテーマに教鞭もとっている。3.11で壊滅した三陸漁村・大指の支援活動も続けている。主な著書に単行本と文庫本25冊を刊行した「Made in Japan」を担うエンジニアたちとの対談『メタルカラーの時代』シリーズ(小学館)、『環業革命』(講談社)、『小惑星探査機はやぶさの大冒険』(マガジンハウス、東映で映画化)、『小惑星探査機はやぶさ2の大挑戦』(講談社)など多数。『日経ビジネスONLINE』では「ポスト3.11日本の力」「山根一眞のよろず反射鏡」を連載中、福島第一原発の廃炉技術も追い続けている。理化学研究所相談役、日本生態系協会理事、宇宙航空研究開発機構客員、福井県文化顧問、2018年国民体育大会(福井県)式典総合プロデューサーなど。日本文藝家協会会員。

山根一眞オフィシャルサイト
http://www.yamane-office.co.jp
バックナンバー